相続の基礎知識 - 相続税と贈与税

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > 1.3 相続税と贈与税

1.3 相続税と贈与税

相続税と贈与税

さて1.1と1.2では相続とは何か、相続税とは何かについて見ていきました。ここで勘のいい方は、「死ぬ前に財産を渡してしまえば相続税を支払わなくて済むのでは?」と考えたのではないでしょうか。実はそれは半分正解で、半分間違っています。確かに相続税は一定の場合(第3章で述べます)を除き支払わなくても済みますが、その代わりに「贈与税」を支払う必要が発生するのです。

贈与税とは、贈与によって財産が移転する時に、その財産に対して課される税金のことです。実はこの贈与税は相続税の「補完税」ともいわれており、相続税逃れを防ぐために制定されています。もっと簡単に言うと相続税の兄弟のようなものです。その為相続税について「プランニング」を行う際は、「贈与税」のことも念頭に置く必要があります。

コラム:贈与税を用いた相続税プランニング 実務の世界において多々用いられるのは、相続税と贈与税の構造を利用したプランニングです。例えば財産を3億持っている人がいたとしましょう。今回は便宜上相続人を1人とし、また各種控除を無視します。この人が今亡くなるとざっと1億3000万円税金を納める必要があります。しかし、例えば亡くなる10年前から3年前(3年前の理由は第3章で述べます)まで、毎年1000万円贈与したとします。この時贈与税額は合計1925万円、相続税額は7500万円となり、納める税額の合計は9425万円となります。つまりお金の渡し方を少し変えただけでおよそ3000万円以上の税金が変わってくるのです。この違いはなぜ発生するのでしょうか。それは第3章でみるように相続税法が累進課税制度を用いていることに秘密があります。実際このプランニングを行う際は、手許に必要な現金、家族の事情、その他特典なども総合的に勘案しながら検討することになるので、税理士の先生に相談してくださいね。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


1.3 相続税と贈与税に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す