相続の基礎知識 - 遺産・相続財産とは - 遺産の具体例

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > éºç”£åˆ†å‰²

遺産分割

遺産・相続財産とは - 遺産の具体例

遺産のことを法律用語で「相続財産」と言います。相続財産は、被相続人が持っている相続開始時の財産であり、プラスの財産(不動産や預金等)だけでなく、マイナスの財産(ローン、借金等) も含まれます。

なお、生命保険金は、非課税限度額以内については(非課税限度額=500万円×法定相続人の数)相続財産に含まれず、受取人として指定された人がその全額を取得することになりますので、ご注意ください。これは退職手当金も同様です。以下、具体例を一覧にしてまとめております。

課税財産

本来の相続財産

土地

居住用・事業用の宅地、田畑、山林、原野、牧場、雑種地など

土地の上に
存する権利

地上権、賃借権(借地権)、
耕作権、永小作権など

家屋

自用家屋、借家、工場、倉庫、門、堀、庭園設備など

構築物

駐車場、広告塔、養魚池など

事業用・
農業用財産

減価償却資産(機械装置、器具備品、車両など)棚卸資産(商品、製品、半製品、仕掛品、原材料、農作物など)、営業上の債権、(受取手形、売掛金、貸付金など)その他の財産(営業権など)、牛馬、果樹など

預貯金、
有価証券

現金、各種預貯金、株式、出資金、公社債、受益証券(証券投資信託、貸付信託)など

家庭用財産

家具、什器備品、宝石、貴金属、書画骨董、自動車など、

その他の財産

立木、貸付金、未収金、配当金、ゴルフ会員権、特許権、著作権など

みなし相続財産

生命保険金、死亡保険金、定期金(年金)、特別縁故者が受けた分与財産、低額譲り受けなど

生前贈与財産

相続開始前3年以内に相続人からもらった財産(贈与税の配偶者控除を受けている場合は、配偶者控除額を除く)

非課税財産

墓地、墓石、仏壇、仏具、神棚、祭具など(ただし、商品、骨董品、または投資の対象となるものは課税財産となる)

香典、花輪代、弔慰金(業務上の死亡は、賞与を除く普通給与の3年分、その他の死亡は同6ヶ月分までの金額)

国や地方公共団体、公益法人などに寄与した財産

特定公益信託の信託財産とするため支出した金銭(申告期限までに)

公益事業を行う人が相続や遺贈で受け取った公益用事業財産(申告期限までに)

心身障害者扶養共済制度にもとづく給付金の受給権

相続人が受け取った生命保険金のうち[500万円×法定相続人の人数]で計算した額までの金額

相続人が受け取った死亡退職金のうち[500万円×法定相続人の人数]で計算した額までの金額

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


遺産分割に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す