相続の基礎知識 - 財産評価方法一覧

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > è²¡ç”£

財産

財産評価方法一覧

 相続手続きはお金にまつわることなので、後々になって損をしないように慎重に進めるのがよいでしょう。その際に相続の大まかなスケジュールを頭に入れておくと、滞りなく手続きを進めていく上でよいでしょう。 以下の表を確認し、相続のスケジュールを大まかに把握しましょう。

評価項目(財産の種類)

評価方法

土地

農地

純農地・中間農地

倍率方式=固定資産税評価額×倍率

市街地周辺農地

市街地農地の80%の額

市街地農地

倍率方式、または宅地比準方式=宅地比準額(その農地が宅地であるとした場合の価額)-宅地造成費

宅地

市街地にある宅地

路線価方式=「路線価×宅地面積」を土地の位置や形状により補正した額

路線価のない宅地

倍率方式=固定資産税評価額×所定の倍率

山林

純山林,中間山林

倍率方式=固定資産税評価額×倍率

市街地山林

その山林が宅地であるとした場合の価額-宅地造成費

私道

不特定多数の人
が利用している場合

評価しない

特定の者のみ
利用している場合

通常の宅地評価の30%で評価

土地の上に存する権利

耕作権

農地の自用地としての価額×(1-耕作権割合)

永小作権

農地の自用地としての価額×(1-残存期間に応じる割合)※定めがない場合は40%

地上権

自用地の評価額×権利の残存期間に応じた割合 

借地権

(原則)自用地としての価額×借地権割合

家屋

家屋

固定資産税評価額

貸家

固定資産税評価額×(1-借家権割合)

借家権

固定資産税評価額×借家権割合(概ね30%)

建築物

門・塀等

再建築価額-経過年数に応じた減評価

庭木・庭石・池等

調達価額の70%相当額

有価証券

株式

上場株式

原則として相続開始日の終値、その月の終値の月平均額、その前月の終値の月平均額、前々月の終値の月平均額 のうち、最も低い価額を評価額とします。

気配相場のある株式

上場株式に準じて評価

取引相場のない株式

会社の利益・配当・資産価値または相続税評価基準による純資産価額

預貯金

普通預金・通常貯金

相続開始日の残高

定期預金

相続開始日の残高+相続開始日に解約した場合の利子額

死亡退職金

受取金額-非課税枠(500万円×法定相続人の数)

生命保険

受取金額-非課税枠(500万円×法定相続人の数)

利付公社債

発行価額と相場価格のいずれか低い方+既経過利子の手取額

割引公社債

課税時期の最終価格(上場公社債)または、「発行価額+既経過償還差益の額」(その他)などによって評価

一般動産

調達価額
調達価額不明のものは新品小売価額-経過年数に応ずる減価の額

書画・骨董品

売買価額及び専門家による鑑定価額

貸付信託

元金+既経過収益の手取額-買取割引料

自動車

調達価額(課税時期において、その自動車を現況により取得する場合の価額)または、(新品の小売価額-経過年数に応じた減額)のいずれかを選択

電話加入権

取引相場がある場合は取引価額、取引価額がない場合は国税局長が定める標準価額

ゴルフ会員権

取引相場×70%

*掲載情報については、執筆時の法令と一般的な事例に基づいております。法改正等に対応できていない場合や具体的な事案には相当しない場合がありますのでご了承願います。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


財産に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す