相続の基礎知識 - 特別受益と各相続人の相続分

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç‰¹åˆ¥å—益

特別受益

特別受益と各相続人の相続分

相続人が被相続人から特別に贈与などで受けた利益のことを特別受益と言います。例えば、結納金、持参金、支度金など婚姻や養子縁組のために被相続人から受けた利益や、子が独立するための住宅資金や農地の分与や営業資金の贈与など、また、一部の相続人のために被相続人が保証人となって債務を弁済した(借りたお金を返すことです)場合のことなどが挙げられます。

たとえば、父Aと母Bとの間に長男Cと長女Dがいて、DがAの生前に不動産の贈与を受けていたとします。その後Aが死亡して相続は開始した場合に、Dがすでにもらっている不動産を考慮しないで相続分を計算したのでは、Dが二重の利益を得ることになります。このようなとき、被相続人Aが相続開始時において持っていた財産の価額にDの受けた特別受益たるこの不動産の価額を加えたものを相続財産とみなし(「みなし相続財産」)、みなし相続財産に相続分を掛けたものが各相続人BCDの相続分となります。そこから特別受益を除いたものが各相続人の具体的な相続分になります。この場合、Dは生前贈与を受けた不動産の価額が相続分から除かれることになります。

※ご自身の相続における特別受益に該当するかどうかといった質問は、専門家にご質問ください。評価やもめ事にお悩みであるならば、実際に専門家への依頼を視野に入れた上で動かれた方が賢明であると言えます。

専門家を指定してご相談されたい場合は、指定相談、見積もりより、相談先の専門家を選んだ上で、お問い合わせ下さい。費用をかける分、かなりの手間が避け、思い悩んでいるよりも簡単に解決するものです。また意外に費用面で軽い負担で済む場合もありますので、もしお悩みであるならば、まずは相談されてはいかがでしょうか。

注目の相続専門家

銀座ブロード法律事務所

銀座ブロード法律事務所

電話・メールで予約可能,営業時間外(夜)のご相談も可能です。


特別受益に関連するQ&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

地域や職種から専門家をさがす

当サイトでは、親身になって相談してくれる信頼と実績のある専門家をご紹介しています。

相続トラブルについて…
弁護士
相続税・節税について…
税理士
その他のご相談について…
登録専門家
地域から探す
業務から探す