みんなの相続Q&A - 預金残高の確認及びその他口座の存在の確認について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é é‡‘残高の確認及びその他口座の存在の確認について

キーワード

手続き 銀行預金

預金残高の確認及びその他口座の存在の確認について

昭和62年に祖父が亡くなり、今まで全く遺産分割がされていませんでした。昨年の夏にあるきっかけがあり、現在、遺産分割協議に向けて動き初めています。相続人は4名おり、そのうち2名は被相続人の子供(次男・長女)で、後の2名は代襲相続人(被相続人の長男の子供)です。代襲相続人の二人については、昨年夏まで30数年も連絡をとっておらず、今回、遺産をきれいにしようという提案をする際に久々に連絡をとりました。

遺産の中でも不動産に関しては登記簿や課税台帳などで確認がとれているのですが、現預金については今現在、いくつ口座があってどのくらい残高があるのか全くわかりません。
名義人が死亡すると名義人の口座は凍結されるのが普通だという話を聞きますが、確実にある1つの口座からは農地関係の利用料や公共料金など、この20数年ずっと口座から引き落とされており、非相続人名義の口座は確実に生きている状態です。相続人である私の父が口通帳や印鑑の保管をしているのですが、健康上の理由から現地のほうにもいけず、おそらく被相続人が亡くなってからというもの、一度も記帳などで確認もとっておらず、本人も昔のことなのでよくわからないようです。記帳をしていないため取引明細書が送られてきているようですが、祖父の空家になった住所宛てに送られてきていて、紛失したりしてきちんと確認がとれません。共済への積立金などもあったようですが、満期を迎えていたりして、現金の行方がわかりません。
今回のこの遺産分割へ向けての様々な調査に関しても、実は、相続人の子供である私一人が、相続人の子供であることを証明する書類や委任状を持って変わりに全てやっており、相続人2名に関してはほとんど私に”おんぶに抱っこ”状態で現在に至っています。

相続にでもない私が現在、遺産調査を行っているわけですが、次に金融機関に対して(1)現在生きている被相続人名義の口座の有無 (2)またその口座の残高 について調査をしたいと思っています。
その際、相続権のない私が金融機関に行った際に、教えてもらうことが可能なのでしょうか?
相続人とのつながりがわかる書類や、委任状などがあれば教えてもらえるのでしょうか。
すみませんがよろしくお願いいたします。
 

質問者たぬき さん 質問日2009年1月29日

弁護士の回答

降旗順一郎法律事務所
専門家降旗順一郎法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年1月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続証明書類(被相続人の出生から死亡までの戸籍、相続人の戸籍謄本)が必要です。相続人以外の方が銀行に照会請求する場合、委任状(相続人の実印を押して、印鑑証明付のもの)が要求されると思われますし、金融機関によって要求する書類も多少異なるでしょう。
相続証明書類の取り寄せも、弁護士等以外ではなかなか大変だと思います。
遺産分割協議ではなく、これらの事実関係調査のみの御依頼も可能です。
詳しくは直接お問い合わせ願います。

専門家の回答

相続サポートセンター
専門家相続サポートセンター(過去掲載の専門家)
回答日2009年1月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

結論から申し上げますと、ご質問のケースでは、金融機関からの情報開示はおそらく大丈夫だと思われます。

口座名義人が死亡している場合は、その相続人に開示しますが、相続人の代理人であっても、つながりのわかる戸籍謄本やお父様の実印を押した委任状、お父様の印鑑証明書、「たぬき」さんの本人確認書類(運転免許証などの公的書類)が揃っていて、かつ、事情を伝えれば応じてくれるところが多いと思います。

ただし、残高証明書ではなく「取引明細書」が欲しい場合は、「相続人全員」からの申し出が必要としている金融機関もあるようです。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する