みんなの相続Q&A - 資産家の祖父が殺人未遂事件を起こしました

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è³‡ç”£å®¶ã®ç¥–父が殺人未遂事件を起こしました

キーワード

資産家の祖父が殺人未遂事件を起こしました

資産家である祖父が親族を包丁で切りつけけがを負わせてしまい、ニュースでは実名で殺人未遂事件を起こしたと世間を騒がせてしまいました。しかし実際にはプライドが高く認知症の気があった祖父が親族の挑発を受け、けがを負わせてしまったということで、親族側との示談も成立しており、逆にけがを受けた本人から申し訳ないことをしたと謝罪があったほどでした。

現在は認知症により起訴を免たものの、祖父を24時間見張っていることが難しいため、施設に入ってもらっている状態が続いております。この件に関してもともと折り合いの悪かった叔父(祖父の息子)夫婦は大喜びで、祖父の不起訴が決まる前には「弁護士は雇わない」「余生を刑務所で過ごせばいい」とまで言っておりました。祖母も最初は祖父の束縛から解放されたと感じたのか、叔父夫婦の元で孫に囲まれて暮らしたいと言って事件があった直後に叔父夫婦の元へ引き取られていったのですが、ひどい仕打ちを受けたらしく、1週間と持たずに帰ってきて「2度と顔も見たくない」「(叔父夫婦には)一銭もくれてやらない」と怒りに震えていました。
祖父の元へは両親(祖父の娘夫婦)が祖母を連れて2日に1回は顔を見に行っているのが現状なのですが、逮捕から今まで一度も顔を見せない叔父夫婦に対し祖父は怒っており、今まで建てた不動産の名義を祖母に替えたいと言っています。確かに横柄な祖父でしたが、母(祖父の娘)としても度々金銭的な援助を受けてきた叔父夫婦の今回の態度には納得しておらず、祖母の受けた仕打ちを考えると順当に資産を分けることには到底納得出来ないというのが本音らしく、祖父の不動産の名義の書き換えが出来るのであれば協力したいと考えています。
認知症で入院している状況で、そもそも一度叔父の名義になった不動産の名義を書き換えることはできるのでしょうか。どうかお知恵を拝借させて頂きたいです。

質問者孫娘 さん 質問日2016年9月26日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2016年9月26日

祖父が認知症で入院している状況かどうかに関係なく,叔父名義となったものを勝手に書き換えることは出来ません。
現在残っている財産を,祖母に,生前贈与,遺贈等をするしかないでしょう。
祖母についても,娘夫婦にすべての遺産が行くように,遺言をされたらいかがでしょうか。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2016年9月27日

叔父名義の不動産の実質的な所有者が祖父であると主張して、叔父に名義変更等を求めることになるのだと思われます。
しかしながら、実質的所有権の立証は大変困難なのではないかと思われます。裏付資料となるものを持参して一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

祖父に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する