みんなの相続Q&A - 成人後見人

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æˆäººå¾Œè¦‹äºº

キーワード

成人後見人

認知症の父のお金を姉に使いこまれているようです。

父は余命僅かです。

成人後見人を頼めば、すべて把握出来ますか?
時間がかかるようだと間に合わない可能性もあります。

行政書士と弁護士、税理士どちらに頼むのがよいのでしょうか?

内容が把握できれば、今後、不当利得請求も出来ますでしょうか?

遺産分割調停も簡単に進みますでしょうか?

質問者まよ さん 質問日2016年7月12日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2016年7月12日

書類がそろえば,裁判所への申立から1か月くらいで後見開始の決定が出ると思います(同時に,後見人も選任されます)。
後見人は,最初に,財産調査を行います。お父様の余命がわずかであれば,後見人を利用して,姉の使い込みをストップさせるのは,間に合わないかもしれません。
申立はを専門家に依頼するのであれば,弁護士です(行政書士や税理士はやっていません)。
不当利得返還請求は,お父様がご存命中であれば,後見人が請求する可能性はあります。亡くなった後は,相続人が請求します。
一旦,後見人が選任されると,資産調査を行いますので,後日,相続が発生したとき,遺産の内容を把握しやすいというメリットはあると思います。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2016年7月12日

成年後見人は家庭裁判所が審判によって選任します。ですから、専門家に依頼して、その方に成年後見人候補者となってもらったとしても、家裁が選任してくれるかどうかは家裁の判断となります。ただ、このまま放置しておくと使い込みを阻止できないことになると思われますので、成年後見人の選任の申し立てをして、選任してもらって事実上管理しているであろう姉を排除できれば意義はあるのではないでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2016年7月14日

成年後見人は被後見人の財産を調整、管理する権限がありますが、実際問題として使い込んだ人が正直に言わないので難しいことです。また、成年後見人は被後見人死亡により任務終了となります。
その後、遺産分割調停となるので、その代理人になれるのは弁護士だけです。それ故、弁護士の方がよいでしょう。
使い込んだ内容(いつ、いくら、どのように、またその使途)がはっきりし、立証も可能なら不当利得返還請求(訴訟も可)できます。使った人も相続人の場合、生前贈与として(相続分の先取り)遺産分割の際、そのような計算をして処理することもできます。

弁護士の回答

本橋一樹法律事務所
専門家本橋一樹法律事務所
回答日2016年7月19日

簡単なのは、簡易裁判所に直接相談されることです。東京では専用の相談窓口があります。
そもそも成年後見人の選任に、弁護士等に事件を依頼する必要はありません。
遺産分割については相続が開始されたかどうかも不明なのでなんとも言えませんが、不当利得返還請求については、成年後見人が行うことになるでしょう。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

成人後見人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する