みんなの相続Q&A - 口座凍結解除後

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å£åº§å‡çµè§£é™¤å¾Œ

キーワード

遺産分割 遺産相続の割合 争続・トラブル

口座凍結解除後

はじめまして。私の祖母が亡くなり、その際銀行口座に預金が約1000万があることがわかりました。相続人は3人で内一人は事情ありですでにそのうちの現金200万にて土地や建物などの遺産などすべてを放棄してもらっています。残りの2人にて残りの現金と土地や建物の分配となりますがそのうちの一人は生前祖母に借金をしており祖母と交わした念書も残っております。この場合、相続分に差は出るのでしょうか?また、借金をしている相続人がすでに凍結解除の手続きを行っておりますが数ヶ月たっても現金分配などの詳しい話がもう一人の相続人へは全くされておりません。万が一ですがすでに勝手に生活費などに使用している場合、使った分は取り戻すことは可能でしょうか?

質問者まさ さん 質問日2016年1月3日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2016年1月3日

祖母の相続人の一人に対する貸付金は,祖母の資産になり,相続人が法定相続分にしたがって,債務者に請求することが出来ます。
他の相続人に分配する約束のもとに,一人の相続人が預金の払戻し手続を行った場合,その分配すべきだった金額を,請求することが出来ます。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2016年1月4日

相続人の一人が被相続人である祖母から借入金がある場合には、それは債権として相続財産となります。ですから、基本的には当該債権は法定相続分に従って各相続人に分割されることになります。ご質問者はその事情を説明して、借金をしている相続人との分割協議を行うべきでしょう。
なお、凍結の解除をしてから数か月経過しているにもかかわらず、詳しい話がなされていないというのは気になるところです。すみやかに、協議の場を設けるべきではないでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2016年1月15日

被相続人(祖母)への借金は、相続財産(債権)になります。したがって、借金ある相続人は他の相続人と遺産の配分は異なります。借金を先に返すか、その人の相続分から差し引く(相殺)するかしないといけません。
凍結された預金は、相続人間の遺産分割を記する書面(印鑑証明付き遺産分割協議書、自分に預金の相続権がないことの証明書など)を銀行に提出しないと動かせないはずです。もし、相続人の一人が生活費などの為に一部引き出した分は、遺産分割協議の時にこれを差し引くなどの調整をすべきです。
200万円で預金・不動産などの放棄した人は、相続放棄の手続き(3か月以内)をしていないと思われるので、その旨の証明が必要です。
銀行と不動産登記(法務局)との様式が違いますので、また、遺産分割協議はすんなりいきそうにもないので、弁護士又は司法書士に相談すべき事案です。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する