みんなの相続Q&A - 相続放棄後の引っ越しと家財道具

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„後の引っ越しと家財道具

キーワード

相続放棄 相続財産

相談窓口

相続放棄後の引っ越しと家財道具

主人が会社経営をしておりました。
会社の連帯保証人になっていたのですが、病気で仕事ができなくなり、負債が膨らんだ状態で先日他界しました。
相続人は、配偶者である私、小学生の子ども2人、義父、義母、義兄(既婚・配偶者のみ)、義弟(独身)です。
全員が相続放棄をすることにしています。

現在、配偶者である私と小学生の子どもたちは相続放棄の手続き中(申述書を郵送しました)です。
本来でしたら、相続放棄の手続きが全員完了し、自宅(持家)が競売にかけられるなどすべて終わってから、母の住む実家の近くへ引越そうと思っていましたが、嫁ぎ先の環境があまり良くなく、子どもたちへの影響や私の精神的な疲労も考えると、手続き完了次第、すぐに引っ越したいと思っています。

そこで質問です。
他の親族の手続きが終わる前での引越しは可能でしょうか?
また、引っ越せる場合、私たちの生活に必要な家財道具(冷蔵庫、洗濯機、タンス、ノートPC、プリンターなど)は、新たに購入しないといけないのでしょうか?

質問者まる さん 質問日2015年8月4日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2015年8月4日

いつ引っ越しするかは,相続放棄と関係ありません。
今後の生活に使用する家具類は,夫との共有と推定されますが,換価しないで,そのまま使用する限りは,問題ありません。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2015年8月4日

引越しは手続き完了前でもできます。
家財道具は、家族のもので余程高額でご主人が特別なものとして買ったものでない限り、相続財産とはみなされません。ノートパソコンは家財道具ではないとの解釈もあるでしょうが、動産であり中古品は高価ではないので通常相続財産とされません。

弁護士の回答

本橋一樹法律事務所
専門家本橋一樹法律事務所
回答日2015年8月5日

正確には現段階での相続人は奥様とお子さまですが、お子さま方が相続放棄をするならば、必然的に義父母や義弟も相続放棄をする流れになるでしょう。
 さて、引越自体は直ぐに可能です。きちんと管理できているならば空き家にしても構いません。
 なお、法的には冷蔵庫や洗濯機、PC等が誰のものか(亡き夫の所有物か)という問題がありますが、実務としては、競売の場合、室内には残置物がない方が競落人にとってはありがたいですし、中古家電などは資産価値がないので、運び出しておいてよいと思います。
 念のため、棄てるとか処分はしないほうかよろしいかとは思いますが・・
 

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続放棄に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口