みんなの相続Q&A - 生前贈与又は特別受益

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‰è´ˆä¸Žåˆã¯ç‰¹åˆ¥å—益

キーワード

贈与・生前贈与 遺産相続の割合 特別受益

相談窓口

生前贈与又は特別受益

私は 先妻の子供です。父は母の生前からの付き合いのあった彼女を後妻にむかえました。父が亡くなり相続の途中ですが、結婚20年目にして家の半分を生前に 後妻に贈与をし 残りの三分の二を後妻 本人が買い取り 残りの三分の一を 相続の対象として 提示してきました。生前に父が税金対策として 名義を変えたのだと思いますが この分は特別受益には ならないのでしょうか? 

質問者桃井 百合子 さん 質問日2015年4月19日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2015年4月20日

生前贈与については特別受益のご主張をされるべきではないかと思われます。20年目の贈与ですから居住用不動産の配偶者控除の特例を利用したものと考えられます。ただ、特別受益の主張をしたとしても、名義はともかく、そもそも半分は配偶者のものであるなどの主張が先方から出されることが考えられます。
なお、買い取りについてですが、あまりに少額での買い取りであれば贈与としてやはり特別受益の問題が生じる可能性があります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2015年4月23日

生前贈与は特別受益となりますが、婚姻中の贈与であっても財産分与のように夫婦間の財産の清算とも考えられます。おそらく、後妻さんはそのような主張をしているのではないでしょうか。
そうすると、その清算が適正であったかどうか、それが問題の中心となります。婚姻期間20年妻の寄与分がどれ程認められるかは、当該夫婦の職業の有無、またその形態(事業者かサラリーマンか等)が考慮されるでしょう。
ちなみに、亡夫死亡時に離婚したと仮定した場合、財産分与の額は夫婦が結婚してから形成した財産の半額とされています。
いずれにせよ、このご質問に関連して生じる問題はかなり難しいものです。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口