みんなの相続Q&A - 兄弟への連絡方法

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å…„弟への連絡方法

キーワード

遺産分割協議 手続き

相談窓口

兄弟への連絡方法

はじめて利用させて頂きます。

今年の初旬に姉が亡くなりました。
姉は未婚で子供は居ません。
遺言もありません。
姉は精神的な病気もあり弟の私が扶養していました。

出生から死亡までの戸籍を集めたところ
私の把握していない兄弟がいることがわかりました。

両親や祖父母は全員他界しているため
相続人は兄弟姉妹になるとおもいます。

姉の遺品を整理していたところ、定期預金(500万円ほど)があることがわかりました。
預金解約のためには遺産分割協議書が必要と銀行に言われたため兄弟に連絡をとりたいと思っています。

戸籍の附票により住所までは特定できたのですが
どのように連絡をすればよいか悩んでいます。

質問の内容としては
①連絡方法
普通郵便で配達記録を付けて郵送しようと思っているのですが、やはり内容証明郵便が良いのでしょうか。

②遺産の内容
連絡を取るときにどれくらいの遺産があるのかを伝えた方がよいのでしょうか。

③寄与分
兄弟姉妹には互いに扶養義務があることは知っていますが姉は精神病を患っていたため仕事ができず私が金銭面や生活において全て扶養してきました。
正直、会ったこともない兄弟姉妹に遺産を取られたくないというのが本音です。
この場合、寄与分で法定相続分の修正が可能でしょうか。

④葬儀費用
姉の葬儀費用を私が支払ったのですが、兄や姉に負担してもらうことは可能でしょうか。また、遺産から葬儀費用分を貰うことはできるのでしょうか。

長文失礼致しました。
よろしくお願いいたします。

質問者aki さん 質問日2015年4月3日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2015年4月6日

①連絡方法
普通郵便でいいと思います。配達証明は特に意味がありません。
②遺産の内容
遺産の内容を伝えないと,遺産分割協議は出来ませんので,だったらはじめから伝えた方がいいでしょう。
③寄与分
預金だけだと法定相続分で当然分割されてしまいますので,法律上寄与分の主張は出来ません。ただし,相手が寄与を考慮して,一定の譲歩をすることは考えられますが,それは話し合いで決まることです。
④葬儀費用
葬儀費用は,各相続人が法定相続分にしたがって負担すべきものであるという考え方もありますが,本件のように立替分を請求するというのは難しい気がします。もちろん,葬儀費用がかかったということで交渉して負担してもらうことは構いません。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2015年4月9日

①普通郵便の方が不安感を与えないので良いと思います。
②伝えた方が良いでしょう。誠意ある連絡と思われます。
③寄与分で法定相続分の修正をするためには、他の相続人の了解が必要です。遺産分割協議書→調停→審判となります。
④葬儀費用は、法的には相続人全員が負担すべきものですが、相続したものから支払うと結局同じことなので、税務署も遺産から支払うことを認めています。
葬儀費用とあなたの寄与分が認められれば、他の兄弟姉妹の相続分はゼロもしくはマイナスとなるでしょう。
但し、扶養義務ある相続人に対して寄与分はなかなか認められません。民法904条の2をご参考ください。あなたの場合、被相続人の療養看護、生活費等で特別の出費をし、その結果、定期預金500万円が残ったとの理由で寄与分が認められる可能性は十分あります。

弁護士の回答

本橋一樹法律事務所
専門家本橋一樹法律事務所
回答日2015年4月11日

 まず、連絡方法については普通郵便がよろしいでしょう。いきなり内容証明では喧嘩を売っているようなものです。穏やかに行きましょう。
 遺産の内容については、包み隠さず、すべてを知らせるべきです。隠すという行動は後々面倒な問題を惹起させます。
 寄与分については話合いの段階で話題に出すべきことと思いますが、初めの連絡の段階で触れるべきことではないと思います。
 葬儀費用については、一般に、被相続人の遺産のなかから支出するという扱はなされており、おかしなことではありません。
 これも話合いの範疇に入りますね。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口