みんなの相続Q&A - 祖母の未分割の土地について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¥–母の未分割の土地について

キーワード

遺産分割 不動産の相続 手続き 土地の名義変更

相談窓口

祖母の未分割の土地について

39年前に死亡した祖母名義の土地の相続が済んでおらず、父が存命の間に遺産分割をと思っています。祖母には長男、次男、長女と3人の子供がおりますが(私の父は次男)祖父が死亡したとき遺産をめぐってもめ、3人のうち長女だけ関係が断絶しました。このためか、その後死亡した祖母の土地の相続は棚上げしていたようです。子供3人のうち存命なのは私の父にあたる次男と長女。死亡した長男に子供はいません。祖母名義の土地には貸家が3軒あり、祖母の死後は次男である父が貸家の管理修繕と固定資産税の支払などを行ってきました。質問はこうした場合の分割はどうなるのかということです。法定相続分で分割するのか。評価額は祖母が死亡した日時を基にするのか。相続税の支払いはどうなるのか。複雑で恐縮ですが教えていただけたらと思います。

質問者ふーたろう さん 質問日2015年3月2日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2015年3月2日

相続人はお父様と長女になりますので、それぞれ2分の1ずつの法定相続分となります。お父様の管理修繕費用や固定資産税の支払いは祖母の死後の話だと考えられますので、協議の中で必要経費として精算を求めることになるでしょう。なお、どちらか一方が不動産を取得する場合の評価ですが、評価の時点は基本的には遺産分割時とするのが実務であるといわれております。また、評価額ですが、実勢価格を基準とするのが一般的です。相続税の件を含めて一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2015年3月2日

長男に配偶者もいなければ,その相続分は,長女,次男に等分に相続されますので,結局,長女,次男は,各1/2の法定相続分を持っていることになります。
貸家については,収入から修繕費,固定資産税等の費用を差し引いた残りを,長女,次男で1/2ずつ分けるのが一般的です。ただし,精算金の請求は,10年で消滅時効になります。
貸家の収入等の精算と,遺産の分割とは,本来別のものですが,お互いが合意すれば,それを考慮して,分割内容を決めても構いません。
評価額は,遺産分割審判等になれば,分割時が基準となりますが,お互いが合意すれば,どのように評価しても構いません。
相続税の支払は,完全に時効になっていますが,そもそも相続税が発生しなかったのではないでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2015年3月4日

祖母が亡くなられたとき祖父(祖母の配偶者)は存命であったようですから、祖母の相続人は祖父と子供三人となります。ここで、第一の相続が開始されています。この遺産分割が未了なので(分割協議をすることは実際問題大変なので)法定相続分に従って相続したものとします。
そして、第二の相続となる祖父が亡くなったときも、その遺産分割は未了なので法定相続分通り相続したものとします。その相続人は、亡くなった長男には子が居ないので、あなたの父と長女の二人となります。
結局、祖母、祖父の相続人はこの二人となりますが、長女と断絶状態なら、遺産分割の調停を申し立てないと分割は出来ない状態が続くこととなります。調停は当事者が合意しなければ成立しないので、そのときは審判を申し立てないといけません。審判は裁判(判決)手続で、法定相続分通りの分割となります。
但し、祖母の土地に貸家が三軒あると、その家賃も遺産となるので、修繕費や税金、管理費用等も相続の対象となるので、少々ややこしくなります。
相続財産の評価額は、相続開始時(死亡時)のものとされています。それよりも、祖母名義の土地の相続登記(第一次、第二次相続)を先ず行うべきです。相続税が掛かるかどうかは相続財産の価額によりますが、祖母の場合は時効でしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

祖母名義に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口