みんなの相続Q&A - 母の遺産相続協議

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ¯ã®éºç”£ç›¸ç¶šå”è­°

キーワード

遺言と遺言書 時効

相談窓口

母の遺産相続協議

父の死に続き母の遺産相続協議3年目で相続人3姉妹、母の実家と別宅を往復(4年半)した三女(独身)私に、遺言状(検認済み)で実家(現在居住中、別宅は管理名目で行く)に引き続き住むよう、寄与分として私に家屋土地を(正確には父の未分割分を引くと6/9)それ以外の財産は3等分とありました、法務局ではこの辺りの土地の総称の地名のみで地番が無いので、登記却下。

家裁では次女(子供無し夫あり)は遺言に異議あり調停は整わず、又
無効遺言訴訟の気配なし、未分割分は母の預貯金で支払うと云う遺言でしたが、その点は諦め1/9づつ土地の実勢価格で支払うとそれ以上の出費は、家の売却しかないので、私の方からも今のところ断念。もう一度法務局に掛け合う矢先、前触れ無く次女側から共有分割されました。
今のところ長女(子供あり夫無し)は「少し上乗せすれば遺言書分割の割合に妥協する、遺産協議が長引きそうなので、別宅は自分が相続するから取り敢えず自分が住む(鍵渡せ)、その後相続預貯金は3人で出したい(判付け)この条件のもと公証人役場の認証などに応じる」と云っていますが、今後私と次女の間で交渉成立、協議書作成時、長女との認証は遺産分割割合の保証となるのでしょうか、世代が変わった時まで効力を持たせるやり方はあるのでしょうか?
遺言書の時効はあるのでしょうか?姉たちが業者売却になると遺言書の効力はないと聞きましたが本当ですか?一度の質問で解決する気は有りませんが是非メールでの回答を、お願いいたします、内容に触れない回答ではがっかりしますので辞退します。

質問者富美 さん 質問日2015年1月13日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2015年1月19日

質問の趣旨がはっきりしないので、回答はむつかしいのですが、、、。
まず、実家、すなわち母の資産としては①建物(土地もついている筈)②別宅、③預金があることは判りました。
そして遺言書があり、そこには、実家は三女(あなた)が引き続き住むように、それ以外の財産は3等分と書いてある。
①実家の土地、建物の母の持分は6/9、父が3/9ですか?それとも、父の相続による登記を未だ行っていないのですか?登記が却下されたそうですが、どういう登記申請をしたのですか?また、却下の理由は何ですか?
上記の?について正確にご回答ください。
?のついていない部分が事実だとすると、それ程複雑な法律関係ではありません。
①の不動産は、とりあえず母名義の分(6/9)だけ、遺言書によって相続による所有権移転登記が出来る筈です。但し、贈与又は相続させるという言葉ではなく「引き続き住むように」ということは、所有権を譲渡すると解釈されない。それ故に、登記を却下されたのですか?
②別宅(不動産)は各1/3
③預金も各1/3
次に、また質問ですが、「未分割分は母の預貯金で支払う」という遺言は、亡父の相続人(亡母の場合と同じ)2人の姉にあなたが払って①不動産持分を100%にするということと思いますがそうですか?
預貯金は、分割債権ですから各相続人はその持分に応じて銀行に対し直接引降ろし請求できます。(判例・通説)したがって、遺言通り実行できないときはこの方法で処理すべきでしょう。
そして、②別宅は遺言通り各1/3の相続登記をすれば(この登記は遺産分割協議書が無くても遺言書でできます)残るのは①の実家の土地・建物だけとなります。
①の登記が却下された理由が、遺言書の記載では所有権の取得という点が認められないとするものであれば、遺産分割協議書による登記となります。しかし、法定相続分(各1/3)の登記なら、協議書が無くても可能です。
また、「公証役場の認証」「遺産分割割合の保証」ということもよく解りません。分割割合の保証は、調停で協議成立すれば割合は法的に確定します。世代が変わっても効力はあります。公証役場の認証など無意味です。
また、遺言書に時効などはなく、業者売却(?)になると遺言書の効力はない、等そんなバカげたことはありません。
以上で、よくお解りにならなければ、一度ご連絡ください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口