みんなの相続Q&A - 実家を守る子の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å®Ÿå®¶ã‚’守る子の相続

キーワード

相続 遺産分割 遺産相続の割合 寄与分 不動産の相続 銀行預金

相談窓口

実家を守る子の相続

父88歳、母は離婚、子2人(私=長男、長女)
現在、父と私が同居しております
最近、父の希望で相続の分割についての話がありました
不動産と預貯金を分割するにあたり、1/2になるように父なりの考えを聞かされました
私としては、今後父の介護等の負担がかかってきます、長女は父の介護に消極的です
私は3年前離婚し父と2暮らしです
父の考えは、弟姉に揉め事のないようにとの考えがあったようです
私的には少し不満です
少しの上積みは無いのでしょうか?

質問者ホッチキス さん 質問日2014年11月23日

弁護士の回答

本橋一樹法律事務所
専門家本橋一樹法律事務所
回答日2014年11月24日

子が親の面倒を見るのは当然と考えられているので、お父様の逝去後に特別受益を主張することは難しいでしょう。
但し、ご存命中ならば、扶養にかかる費用についてご長女に応分の負担を請求(家事調停・話しがつかなけば審判)をすることはできます。
お父様に気づかれると困るという場合は難しいですが、そのような心配がないのであれば、調停で話を付けるという途はあります。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年11月25日

お父様に弟姉が実質的に平等になるような、ご質問者のご希望を入れた公正証書遺言を公証役場で作成してもらってはいかがでしょうか。その中で、お父様の御意思にもよりますが、ご質問者にある程度の上積をするような内容にされるように希望されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年11月28日

相続について、寄与分(療養看護に努め、そのことによって遺産の維持、増加について寄与したこと)の規定はあります。(民§904の2)
しかし、子には親に対する扶養、看護の義務があるのでなかなか認められないのが実情です。
あなたに対する上積みは、お父さんの意思次第だと思われます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口