みんなの相続Q&A - 遺産の受取人について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ã®å—取人について

キーワード

相続権と相続順位

相談窓口

遺産の受取人について

私は主婦で子供はいません。私の両親はすでに他界しており兄弟もいません。

親の遺産を相続し建物と土地の権利を持っています。もし私が死んだ場合、夫へ100%相続権がありますが、夫婦同時に事故死の可能性もあるので、その場合、私の持っている土地と建物の権利はどこへ行きますか?

夫婦同時事故死の場合、葬儀等の後処理の手続きをしてくれる人がいないので、私の夫のお兄さんに子供がいるので、私が死んだら100%夫へ相続、夫も死亡していた場合、私たちの死亡後の後処理を条件に夫の兄の子供へ100%遺産を譲渡するようにしたいのですが可能でしょうか?

質問者キョン さん 質問日2014年7月13日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年7月14日

そのような内容の遺言書を作成しておけばよいのではないでしょうか。なお、その場合には公証役場で公正証書遺言として作成しておかれることをお勧めいたします。そうすれば、有効無効についての無用の争いを避けることができるからです。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年7月22日

同時死亡(民§32の2)の場合は、相互に相続しないので、それぞれの遺産はそれぞれの相続人が相続します。
本件の場合、夫は兄弟姉妹(亡くなっている時は、その子が代襲相続)が相続しますが、あなたは相続人不在となります。
そのようになった場合を考えて、おっしゃるような遺言書を作っておくことは出来ます。また、夫が存命の場合でも、夫に何%、或いは、何と何、その子に同じ割合か特定の物を遺贈することも可能です。また、負担付遺贈については受遺者は、これを受けない(放棄)することが出来ます。受けても、遺贈の価格を超えない限度で負担義務を履行すれば良いとされています。(民§1002)

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口