みんなの相続Q&A - 使途不明金

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä½¿é€”不明金

キーワード

相続 不当利得・横領

使途不明金

遺産分割終了後、被相続人と一緒に住んでいた相続人の一人が、被相続人名義の預金から千万円単位で相当額を引き出していたことが銀行の取引記録を入手してわかった。他の相続人として納得いかないが、一部でも取り戻すことはできなものか。このような事例は世にたくさんあるというが、どうにもならないものか、法的にどのような解決方法があるか。実際に解決した経験を持つ弁護士が見つかれば、依頼できないかと考えている。

質問者oityo さん 質問日2014年7月7日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年7月7日

使途不明金の問題は遺産分割の問題とは別の問題と考えられます。
相続人の一人が被相続人の了解を得ずに勝手に引き出したのであれば、被相続人はその相続人の一人に不当利得返還請求権もしくは不法行為に基づく損害賠償請求権をもつことになります。
そして、その請求権は各相続人に相続されることになります。
ですから、相続人の一人に他の相続人が請求していくことは可能なのではないでしょうか。
ただ、被相続人が生前まったく寝たきり等の状態などではない場合には、被相続人ご自身が引き出して、自分で使った等と主張されることも考えられなかなか立証が困難な場合が多いのではないかと思われます。
いずれにしましても、一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年7月7日

被相続人名義の預金から無断で引き出したのであれば,被相続人はその者に対し返還請求権を有し,これは,分割協議成立時に判明していなかった遺産ですから,遺産分割終了後も,原則請求できます。
預金引き出しが生前贈与であった場合,錯誤無効か詐欺取消の主張が考えられます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年7月9日

確かに、このようなケースはよくあります。それは、もはや遺産分割の問題ではなく、犯罪を構成する場合もあります。民事的には、不当利得返還訴訟を提起することが多いです。これは、家裁の調停ではなく地裁の訴訟ですから、管轄が請求者の住所地にあるので都合の良い場合があります。しかしながら、訴訟は証拠によって判定されるので、立証が難しい。贈与されたとか、被相続人の為に使ったとか反論してきます。しかし、和解も可能です。この種のケースの経験はありますが、訴訟としては難しい部類に入ります。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

被相続人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する