みんなの相続Q&A - 相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶š

キーワード

相続 相続税 基礎控除

相談窓口

相続

父が他界し、法務局と税務署への手続き中です。
子供は私一人で同居してます。
父の遺産は
家 約2000万(住まい)
預金 約1000万
株 約6000万
他、生命保険が100万、ゴルフ会員権が30万?(購入時は600万)
くらいです。
法務局へは法定相続の2分の1で進めてましたが、母が全額相続した方が相続税が発生せず手続きも簡易なのかなと思い始めました。
その場合、法務局へ相続放棄とした方が良いのでしょうか。

二時相続の心配もありますが、元々は私の財産ではないので払えば良いのかなと思っております。母も今後は旅行などで沢山お金を使いましょうと言ってます。

相続放棄した方が良いのか
その場合、法務局へも提出するのか

よろしくお願い申し上げます。

質問者飯野美由紀 さん 質問日2014年6月21日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年6月21日

 母親が全額相続した場合,確かに今回は相続税が発生しませんが,手続は簡易であるということはありません。法務局へ登記申請をしたり,相続税に申告をしなければならないことには変わりなく,手続の煩雑さは同じだと思います。
なお,相続放棄は,法務局へ行うのではなく,裁判所です。裁判所に相続放棄をした上,その証明書をもらって,法務局で,母親の単独相続の登記をするのです。相続放棄ではなく,単に,お母様との間であなたが不動産を取得しないという内容の分割協議書を作成して,それを法務局に提出するという方法の方が簡易と思います。

 今回法定相続分で分けた場合,基礎控除額が7000万円,葬儀費用にそれなりに発生すると,相続税の総額は100万円にも届かないと考えられ(小規模宅地の特例等の適用があれば,相続税は発生しないかも知れません),2次相続時にも,ほとんど,相続税がかからないことが想定されます。
 お母様が全てを相続した場合,お母様が来年1月1日以降に,今回の遺産をかなり残したまま亡くなってしまうと,基礎控除額が3600万円しかないため,その時かかる相続税は結構が額になってしまいます。
 そこも考えた方がいいでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年6月24日

相続放棄はしない方が良いと思います。(尚、相続放棄は法務局ではなく家庭裁判所に申述しなければなりません)
放棄すると、あなたは、最初から相続人ではなかったことになるし、また、相続税の為なら、あなたにも1000万円位の控除があるので、その辺のところは、税理士さんとよく相談した方が良いと思います。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

法務局に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口