みんなの相続Q&A - 代償分割

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä»£å„Ÿåˆ†å‰²

キーワード

代償分割・代償金 相続

代償分割

平成18年に発生した相続で代償分割により700万の支払を受けることになりましたが、まだ受け取っていません。
分割協議書には代償金を払う旨の記載をし相続申告しましたが、支払期日や支払い方法までは記載しませんでした。
代償金の請求をしようと思うのですが、年数が経過しているので代償金に贈与税がかからないか心配です。
何か(代償金として受け取る旨の)書面を作って確定日付などをとっておいたほうがいいでしょうか。
念のため分割払いにした方がいいでしょうか。
よろしくお願いいたします。

質問者はなこ さん 質問日2014年6月19日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年6月23日

分割協議書があれば,代償金の授受であることは証明できますので,心配する必要はないでしょう。
問題は,相手に支払う気があるのか(あるいは,支払う能力があるのか)という点です。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年6月23日

代償金の受領は、相続による財産の取得です。したがって時効はありません。支払期日は分割協議書成立の日と考えることが出来ます。税金は相続ですから、相続人全員の名で既に申告しているのではないですか?相続税が掛からない場合は申告しないでいいので、その辺のところは確かめないといけません。
代償金受取に確定日付を取ることは必要ありません。また、分割にする必要もありません。贈与税1年間の控除額を考えているのかもしれませんが、代償金は相続です。

弁護士の回答

東京中央総合法律事務所
専門家東京中央総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年6月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

代償金の支払いは贈与ではありませんし、相続税の申告もされているようですので、贈与と認定され贈与税が課せられることはありません。
ただ、税務署の側で贈与であると誤解をされる可能性が皆無とは言えないので、おっしゃる通り代償金を受領をするにあたっては受領書などを作成し代償金として受領した旨を明らかにしておくとよいと思います。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年6月20日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

代償金に贈与税は発生しません。分割協議書にもとずき代償金を請求し受領するべきです。法的手続きを含め断固とした進め方をしないといけないでしょう。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

代償金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する