みんなの相続Q&A - 相続に入れる資産

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«å…¥ã‚Œã‚‹è³‡ç”£

キーワード

贈与・生前贈与 介護 銀行預金

相談窓口

相続に入れる資産

相続開始まえ三年以内のものは、贈与として相続財産に入れる。とのことですが、一年半前に通帳を預かり介護しているのですが、預かる前に引き出されたお金は入りますか?それと、介護している間の領収書などがないと本人の為に使用しても相続財産になますか?

質問者田中 和樹 さん 質問日2014年6月5日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年6月5日

預かる前か後かは関係ありません。相続開始日前3年以内に贈与を受けた財産は,みなし相続財産として,相続税を計算するための遺産額に加算されるということです。
介護費用に使った分であれば贈与ではなく,(みなし)相続財産ではありません。領収証が無くても,本人のために使ったのであれば,(みなし)相続財産として申告する必要はありません。
一応,税務署が何か言ってきた場合に備えて,税務署に説明するために,現在覚えている範囲で,介護費用について明細書を作成しておいたらいかがでしょうか。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年6月5日

相続により財産を得た相続人が、被相続人の死亡前3年以内に被相続人から贈与された財産がある場合には、その相続人の相続税の計算をする際に、当該贈与された財産を合算して相続税を計算することになります。ただ、もちろん被相続人本人が自身の意思により使用したのであれば贈与とはならないので、預かる前の引き出しについては贈与とはならないのではないでしょうか。
また、預かった後も自身の意思に基づいての引き出しを評価されるのであれば贈与認定はされないのではないでしょうか。なお、税務署から贈与として認定されないように今後は領収書を必ず取っておくことをお勧めします。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口