みんなの相続Q&A - 相続放棄時の財産管理人選任に係る予納金について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„時の財産管理人選任に係る予納金について

キーワード

相続放棄 相続財産

相談窓口

相続放棄時の財産管理人選任に係る予納金について

父が亡くなり、兄弟全て相続放棄をし、家庭裁判所受理が完了しました。
不動産等の財産はありません。
父は借家の単身世帯で配偶者も両親も既に亡くなっています。兄弟がいますが、全員に相続放棄の意志があり、手続き中で結果相続人はいなくなります。

相続放棄をした私が契約をしている月極駐車場に、亡くなった父の車が置いてあり、
駐車場を解約したいので車を撤去したい。

車は、所有者使用者共に亡くなった本人。
車は外車だが、15年以上経過した、10万キロ以上走行の内外装も程度が良くない普通のセダンで売却は現実的ではない。
債権者の中に差し押さえの通知もあったが、問い合わせたところ全て車について差し押さえなどの実施はしそうにない。

財産管理人の選任申し立てをするには、予納金が必要であると家庭裁判所には言われましたが、数十万から100万程度余納しても、財産はないので充当できない事は明確ですのでその選択はできません。

相続放棄は済んでいますが、車を撤去して駐車場を明け渡す方法はないでしょうか。
また、その際に廃車の申請は代理可能なのでしょうか。

質問者匿名希望 さん 質問日2014年4月25日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年4月28日

車を持ち帰って(駐車場ではなく自宅等で管理する),駐車場を明け渡すことは,相続財産の処分でもないので,問題ありません。
問題は廃車手続ですが,車の経済的な価値がほとんど無く,それに対して税金や管理費の負担が過重である等の正当な理由があれば,相続放棄後に,廃車手続をするというのもやむを得ないと思います。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年4月30日

相続財産の全部または一部を処分した場合には法定単純承認となります。ただ、お尋ねの駐車場解約と車の引き上げについては、相続財産の全部または一部の処分に該当しないと考えられますので、行うことが可能であろうと思われます。
また、廃車の申請ですが、車両の価値がないということであればゼロ円の査定書などを残したうえで廃車の手続きをすることもやむを得ないのではないかと考えられます。
一度専門家にご相談されてみてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

東京中央総合法律事務所
専門家東京中央総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年5月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

車の移動は可能です。
相続放棄後も,財産の引継ぎまでは管理する義務があります(民法940条)ので,この管理義務に基づいて,車を移動して構いません。

ただ,廃車処分や廃車処分の申請を代理することはできませんので,ご注意ください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続放棄に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口