みんなの相続Q&A - 認知症の配偶者の相続と子の生前贈与でトラブル

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > èªçŸ¥ç—‡ã®é…å¶è€…の相続と子の生前贈与でトラブル

キーワード

相続 贈与・生前贈与 不動産の相続 遺産相続の割合 葬儀費用 争続・トラブル 特別受益 遺産分割調停・審判 寄与分 介護 認知症

相談窓口

認知症の配偶者の相続と子の生前贈与でトラブル

【家族構成】
父(重度認知症)、母(重度認知症)、
子4名(長女、長男、次男、次女)

当方、長男です。
父が亡くなり、相続権でトラブルになっています。

父が認知症になる前に、父から子4名に対して土地・住宅など均等になるように、口約束のみで生前贈与してもらいました。
私(長男)以外の3名はすぐに贈与を受け取り土地など名義変更を行いましたが、私は贈与税を支払う事ができない状態でしたので、口約束のみで父から贈与された土地・住宅の名義変更をしていません。現在も父の名義のままです。書面も遺言書も一切ありません。

今回この状態で父が亡くなった事から、遺言書もないので、相続権が寝たきりで重度認知症の母と、私を含む兄弟4名にあるのではないかと、長女に言われました。
本来であれば、残りの財産は全て私が受け取る約束で兄弟は生前贈与を受け取り済ですが、金銭が絡むと怖いものです。法的に母にも兄弟全員にも受け取る権利があると主張されています。

私が生前贈与の名義変更をしていれば、こんな事にならなかったのですが、どう対処したら良いのでしょうか?

ちなみに亡くなった父も母も8年ほど寝たきりで、ずっと私が介護費用を負担してきて、すべての面倒を見ている状態です。他の兄弟はもらう物だけ貰い、一切協力はありません。介護費用がかさみ、金銭的にも苦しい状態でずっと父・母を見てきたのに、何も親孝行をしない兄弟達は同等な財産を受け取っているにもかかわらずさらに取れる物は取っておこうという状態です。
これからかかる葬儀代、墓地代なども一切援助なしです。
これほどまでに身内に苦しめられるとは予想していませんでした。

専門家の皆様、アドバイスをお願い致します。

質問者としお さん 質問日2014年4月20日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年4月21日

話し合いでの解決が難しいようでしたら,父の遺産分割において,他の兄弟姉妹(長女,次男,次女)に対する生前贈与を特別受益として,父に対する介護費用の負担について寄与分を主張されたらいかがでしょうか。

今後の母親に対する介護費用についても,扶養義務の内容について扶養義務者間で定める調停・審判もあります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年4月21日

おっしゃるとおり、「金銭が絡むと怖いものです。」
 このケースの紛争解決は、話し合いでは無理だと思われます。
 遺産分割調停→審判という法的手続によらなければ解決しないでしょう。そして①「生前贈与→特別受益」②「寄与分請求」という法的な問題があるので、誠実な弁護士に委任した方が良い事案です。(費用がかかりますが…)
 また、お母さんに成年後見人がついていなければ、その選任も必要になってきます。
 特別受益というのは、生前贈与分を現有の遺産の中に加えて相続分を計算し、贈与分が相続分より多ければ相続はナシとするという民法の規定です。(§903)
 寄与分というのは、民法904条の2に規定されています。あなたの場合、「療養看護により被相続人の財産の維持」について特別の寄与をした者となると、その分は相続財産から差し引き、あなたの通常の相続分にプラスされます。
 この①と②の規定が、あなたの状況を救済するものです。(相続人間の公平)これらを主張、立証して、現在の不利な状況を変革するべきです。
 尚、葬儀費用は、原則として、相続人全員が負担するものと考えられています。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年4月21日

話し合いで解決することはお尋ねの状況からすると困難です。ですから、速やかに専門家に相談し、遺産分割の調停を申し立てることをお勧めします。調停の中で、他の兄弟姉妹への土地、住宅などの生前贈与を特別受益として主張し、あなたが介護費用も負担されすべての面倒を見たという点については寄与分を主張されるべきでしょう。
この段階で一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口