みんなの相続Q&A - 遺産相続の件

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã®ä»¶

キーワード

相続 争続・トラブル 手続き 不当利得・横領

相談窓口

遺産相続の件

前回遺産相続の問題でご相談した者ですが、一つだけ質問がありますが、お願いできますでしょうか・・
遺産相続の問題で、身内に親の預金を管理をしていた次男の預金口座がたまたま見つかり、銀行に調査するも、本人の申請でないと受付てくれません。
調査をすることが可能な方法をご指導下さい。

質問者島田  晃 さん 質問日2014年4月4日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年4月4日

確かに,銀行は第三者からの申請は受け付けないでしょう。
ただ,裁判手続の中で,調査嘱託の申立てをして証拠資料を収集するという方法があります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年4月4日

弟さんに対し、不当利得返還訴訟するということで、弁護士ならその口座の過去から現在までの取引履歴は取れます。但し、弁護士会を経由する照会なので手数料(弁護士会と依頼する弁護士)が少々かかります。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年4月7日

次男の方に不当利得返還請求をする前提としてであれば弁護士会照会という方法があります。弁護士会を通じて次男の口座の取引履歴の提出を求めるという方法です。ただし、提出してくるかどうかは金融機関によります。
また、不当利得返還請求訴訟を提起して、その訴訟の中で調査嘱託などにより提出を求めるという方法もあります。
一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

東京中央総合法律事務所
専門家東京中央総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年4月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

弁護士法23条の弁護士会照会を行うという方法があります。
弁護士会照会とは、弁護士の申請により、弁護士会が官公庁や企業等に対して、事実関係の照会を行う制度です。
二男の方の預金口座についても、金融機関に対して弁護士会照会を行い、口座の取引履歴を照会することが出来ます。
一度、弁護士にご相談されることをおすすめ致します。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口