みんなの相続Q&A - 土地の名義変更

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°ã®åç¾©å¤‰æ›´

キーワード

贈与・生前贈与 成年後見人・任意後見人 不動産の相続 争続・トラブル

相談窓口

土地の名義変更

主人が、母から贈与で、わずか10万円もしない土地の名義変更をしました。その後、母が、主人の2人兄弟の弟の申し立てで成年後見人制度が確定、先日後見人の弁護士より、名義を母に戻すように手続きを、と言われ拒否すると、裁判で闘うか?と言われました。素人の私達は、言われるがままですか?

質問者sai さん 質問日2014年3月26日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年3月26日

素人だから言われるがままということはありませんが,要は,贈与の当時,母が意思能力を欠いていたかどうかによります。
意思能力を有していたと考えるなら,当時の母の具体的な生活状況とか,贈与をした時の状況等を立証することにより,裁判で闘うことも可能でしょう。

弁護士の回答

MAEDA YASUYUKI法律事務所
専門家MAEDA YASUYUKI法律事務所
回答日2014年3月26日

こんにちは。
素人だからといって,言われるがままということはありません。

問題は,裁判になった場合にどうなるのかをシミレーションをしておく
必要があると思われます。

まず,勝訴できる可能性がどの程度か?
この点については,贈与者である尊母の有効な意思に基づいて行われたか
否かということが問題となります。
ですので,贈与の時期,贈与契約書の有無,贈与に至った経緯理由,成年後見時に
用いられた診断書等を確認して,弁護士に相談されるといいと思います。

次に,裁判をした場合の費用(弁護士費用)や,裁判をして得られる利益についても
検討しておく必要があります。
本当に僅か10万円の土地の問題であるとすれば,費用と労力をかけるだけの
価値があるのか,という問題もあります。

以上を考慮の上,後見人の弁護士に従うか,闘うかをご検討されるといいと思います。

以上

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年3月26日

お母様からの贈与による土地の取得ですから、問題となるのはお母様の贈与意思でしょう。贈与当時のお母様の意思能力が贈与という法律行為を行うに足りるだけのものであったのかどうかについて、契約書の有無、当時の医師の診断書の有無等客観的な証拠がどの程度あるのかによるのではないでしょうか。ただ、10万円もしない価額となると、裁判で争うだけの価値があるのかどうかは現実的な問題として十分考えるべきでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年3月31日

後見人(弁護士)が、土地の名義をお母さんに戻すように言ったのは、名義移転にはお母さんの贈与の意思表示が法的に有効なものでなければならないからです。成年後見人がついていないときであっても、事理弁識能力がなかったときの意思表示は無効となります。裁判で争うとなると、後見人は、贈与の意思表示が無効であったことを証明しなければなりません。後見開始のすぐ前ですと、その証明は容易です。本件は、そういう問題です。
あなた方としては、お母さんの贈与時に於ける意思能力に問題はなかったと考えるならば、「言われるまま」に従うことなく、裁判になっても争えば良いのです。

弁護士の回答

東京中央総合法律事務所
専門家東京中央総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年3月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

母上の贈与時の意思能力について診断書などの客観的証拠が十分そろっているとお考えであれば,言われるままではなく,後見人からの訴訟を受けて立って争うことは可能でしょう。
ただその場合でも弁護士に依頼すると費用倒れになる可能性が高いと考えます。
一方,母上に意思能力があったという点についての客観的証拠が十分ではないのであれば,争うことは得策ではありません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口