みんなの相続Q&A - 第三者が成年後見人になった場合

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¬¬ä¸‰è€…が成年後見人になった場合

キーワード

争続・トラブル 成年後見人・任意後見人

相談窓口

第三者が成年後見人になった場合

長文になりますが宜しくお願い致します。
家族構成 私、弟、母(入院中で意思表示も出来ない状態)

父の相続時に弟と揉めて疎遠状態となっております。
現在、母の面倒は私がみていて弟は何も関与していません。
この度、いきなり弟から第三者の成年後見人をたてるという同意書が送られてきて、返信が無い場合でも話しを進めますということが記載されていました。

個人的に調べて、兄弟の同意がなくても後見人はたてられるということはわかったのですが、第三者の成年後見人がたった場合に過去に私が母の代わりに行ってきた行為について調査のようなことはあるのでしょうか?

例えば、母の賃貸物件の管理を別の会社に変更したことや火災保険を変更したことなど、私が母の名前でした契約などで、代理人としてではなく母の印鑑を使って結んだ契約等は無効になりますでしょうか?
もし無効になる場合はその基準等はありますでしょうか?

質問者田中 さん 質問日2014年3月10日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年3月10日

契約が母親に不利益な内容で、損害が発生していると考えられる場合、無効とすることで損害が回復できるならば、無効を主張する可能性はあるでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年3月13日

成年後見人は、被後見人(お母さん)の財産を守る為に選任されます。第三者の場合は、弁護士、司法書士など法的資格を持っている人が選任されることが多いです。後見人は、被後見人の財産を管理するので、過去の管理に問題はなかったのかも調査します。
お母さんが、意思能力がないとき、その名前であなたが財産管理或いは変更をされた行為は法的に無効です。無効の基準は、お母さんの意思に基づかないという点です。あなたの行為が、被後見人の利益になっている場合は、後見人においてこれを追認(無効としない)する可能性があります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

後見人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口