みんなの相続Q&A - 口頭での贈与

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å£é ­ã§ã®è´ˆä¸Ž

キーワード

手続き 不動産の売却

相談窓口

口頭での贈与

はじめまして。花香と申します。

昨年7月に隣家の不審火により
自宅を焼失しました。
昔ながらの4戸一長屋で、我が家は真ん中。
火災もとは右隣の空家からの不審火でした。

この空家は持ち主はいるものの、長年放置されたままで、抜け落ちたベランダ等から未成年少年たちが出入りし火遊びが元で出火しました。

火災後、警察の調べでこの出火元の持ち主が現れ、
我が家と同じく焼け出された3世帯が集まり、話し合いがもたれました。

この時に、この出火元の持ち主(Cさん)は口頭で
「今後もこの家に戻るつもりもないので、みなさん3世帯で土地をわけてください。」とのことでした。

その後、このCさん費用負担で焼失した4件は、更地になりました。


|B|A|花香|C|

この4世帯のうち、真ん中の我が家とAさんは
それぞれ隣接する隣家(私はCさんから、AさんはBさんから)
土地を購入し、新築することになりました。

Aさんは早々にBさんと売買契約を交わし、新築しました。
私もCさんと売買契約をするつもりで、その話をMさんにした段階で
Cさんは「お金はいらない。長年迷惑をかけてきたのであげます。手続きに必要な書類があれば準備します。」と
実際に滞納していた固定資産税を完済し、司法書士さん立会いのもと、手続きを行ってくれました。
そして、Cさん土地は私へ贈与されました。

後日、この贈与はAさんが知ることになりました。
すると「Cさんはあの時、『3世帯で土地をわけてください』と言っていたのだから、花香が贈与を受けて独り占めするのはおかしい。
Cさん土地評価額を3等分して現金で支払ってほしい。」と再三にわたって連絡があります。
併せ「花香は当初3世帯でわける話をしていて贈与を受けてネコババしたのだから、裁判や調停になった場合でも不利なのは花香ですよ」
とも言われています。

ここで質問です。
・当初Cさんが口頭でいった「あげる」ことに対して、私が現金を支払う義務はあるのでしょうか?
・もし裁判や調停になった場合、私は不利なのでしょうか?
・こういったケースを穏便に合理的に解決する方法はあるのでしょうか?

以上、どうぞよろしくお願いいたします。
花香

質問者花香 さん 質問日2014年2月25日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年2月26日

あなたは,Cさんより土地の贈与され,登記も経ているので,何らCさん土地を確定的に取得しています。
また,Aさんに対するCさんの贈与は,口頭であるため,いつでも撤回でき,Aさんは法的には何も言えません。
ですから,裁判になってAさんの主張が認められることはありません。
穏便に解決したいということであれば,AさんがBさんに支払った代金の一部を負担してあげるということも考えられます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2014年2月28日

あなたがAさんに何ら支払う義務はありません。裁判・調停になっても不利なこともありません。
贈与は口頭でしたときはCさんはいつでも取り消すことが出来ます。Cさんは、先に話した贈与を取り消し、あなたに贈与し、履行も完了したわけです。したがって、Aさんは、法的にはCさんにも、あなたに対しても、贈与に関して何の権利もないのです。そこの所をAさんに理解してもらわなければなりませんが、なかなか難しいと思われます。

弁護士の回答

東京中央総合法律事務所
専門家東京中央総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年2月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

Cさんは「みなさん3世帯で土地をわけてください」と口頭でおっしゃったとのことですが,これは,書面によらない贈与にあたります。
民法上,書面によらない贈与はいつでも撤回できるとされています。
Cさんが3世帯で土地をわけてほしいという話をした後に花香さんに土地を贈与をしたのは,Aさん,Bさんに土地を贈与する約束をなかったことにするつもりだったからでしょう。

質問文を見る限りでは,花香さんが現金を支払う義務はないですし,裁判等で不利ということもありません。

穏便に解決するのであれば,何らかの名目で多少お金を支払うのがよいと思います。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口