みんなの相続Q&A - 貸金庫について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è²¸é‡‘庫について

キーワード

相続放棄 手続き

相談窓口

貸金庫について

貸金庫の件ついて質問があります。
数年前に両親が離婚して父親が家を出ていきました。
父親は事業に失敗し負債を抱えていたので、僕自身も財産放棄の手続きを行いました。
その後、父親が亡くなり数年後に銀行から『貸金庫利用手数料の引き落とし』の案内のような通知明細が届きました。
離婚して家を出ていってましたが、銀行にはこちらの住所で契約をしていたようです。
父親は離婚後に再婚をしていたようですが、その方とは連絡が一切取れません。
未だに手数料が年間で数万円引き落とされているのが勿体ないと思うのですが、自分が連絡をしても何も出来ないのでは。。。と思っています。
こういう場合はどう対応をするのが一番いいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

質問者ロッサ さん 質問日2014年2月12日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2014年2月12日

まず、貸金庫の賃貸借契約は相続人に承継されます。しかし、ご質問者は相続放棄されているとのことですから承継はしないことになります。
また、そもそも、利用手数料が引き落とされている銀行口座はどなたの名義の口座なのでしょうか。お父様名義の口座であれば、ご質問者は相続放棄済みですから原則的にかかわることはできないものと考えられます。銀行は貸金庫利用の約款上、契約者が死亡した場合には解約できる旨の規程がなされているのが一般的ですので、実務的には銀行に連絡し、事情を説明して対応されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2014年2月12日

銀行には,本人が亡くなったことを知らせるだけでいいでしょう。再婚された相手方の連絡先を調べて,連絡して上げるかどうかは,どちらが正しいというものではないと思います。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年2月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄をした旨を銀行に伝えてください。放棄をしたあなたが手数料を支払う必要はありません。

弁護士の回答

東京中央総合法律事務所
専門家東京中央総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年2月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄をしたことを銀行に伝えて,引き落としを止めてもらいましょう。
その際,銀行から戸籍謄本や相続放棄の受理証明を求められるかもしれませんから,銀行に手続と必要書類を問い合わせると良いでしょう。
相続放棄の受理証明書は,相続放棄の申述をした家庭裁判所に申請して交付を受けることができます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口