みんなの相続Q&A - 相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続税対策 相続税 相続の対策と準備 不動産の相続 特別受益

相談窓口

相続について

今、親55歳となります。現在現金を5000万円から 1億円近くもっております。いろいろとそのほか、保険などもあり、そろそろ相続の対策を考えており、その中で
都内の不動産購入をしようと考えおります。
その中でのご質問です。

①仮に5000万円の現金をただ、持っているよりも
 5000万円の不動産(マンション)を持っていたほうが
一般的には節税になりますか?それはなんででしょうか?

②購入したマンションには、私が、家賃など払わず住む流れになります。何か問題はあります?(贈与などの対象になってしまうのか)あくまで、名義は親です。

以上になります。
よろしくお願いいたします。

質問者けいた さん 質問日2014年1月23日

弁護士の回答

東京中央総合法律事務所
専門家東京中央総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2014年1月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

①について
一般的には節税になると思われますが,税務上の問題になりますので,詳細は税理士にご確認いただいた方がよいでしょう。

②について
家賃を支払わずに使用することを親御さんが認めていれば,特に法律上の問題はありません。

ただし,相続が開始した後に,他の相続人が,特別受益の主張をして,賃料相当額を相続財産に加算すべきだ争ってくる可能性があります。
本来賃貸できるマンションを無償使用させたということになれば,場合によっては,特別受益の主張が通ることもあると思います。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口