みんなの相続Q&A - 相続した自動車を売却した場合の税金

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã—た自動車を売却した場合の税金

キーワード

相続税 譲渡所得と所得税

相続した自動車を売却した場合の税金

父親が亡くなり,遺産を相続しました.基礎控除額に納まらなかったので,相続税を納めました.
遺産の中に父が使っていた乗用車があり,それも相続財産に含めて申告しています.しかし,私自身も乗用車を保有しており,相続した乗用車は不要なので売却しました(売却価格100万円).

この場合,相続した乗用車を売却して得た100万円(譲渡所得?)には税金がかかってくるのでしょうか?

現金で100万円を相続したら,相続税を払うだけでその100万円を自由に使えますので,それと同じだと直感的には思うのですが,タックスアンサー等で明示されているものが見つからず,質問させていただく次第です.

質問者ぽるて さん 質問日2013年11月5日

弁護士の回答

尾崎法律事務所
専門家尾崎法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年11月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 基本的な考え方として、相続税と所得税とは別物ですので、たとえ相続税がかかった財産であっても、(被相続人の)取得価格と処分価格の差額に対して、所得税課税されます。
ただし、以下の点に注意が必要です。

1.下記の「生活用動産」にあたるかどうか?該当すれば、所得が出ても課税なしです。実務的には、余程の「趣味による高級車」以外は、課税されてないようです。

2.事業用などは課税されます。この場合、取得価格から減価償却費を差し引いたあとの簿価が、処分価格から差し引く原価となりますので、利益が出る場合もあります。
 仮にに出たとしても、50万円の特別控除がありますので、
{処分価格-(取得価格-減価償却費)}-50万円×税率となります。
さらに、長期譲渡(売却日の属する年の1月1日現在で、5年超の場合)の場合は、上記50万円控除後の金額の1/2が課税対象となります。


           記

*資産の譲渡による所得のうち、次の所得については課税されません。(1) 生活用動産の譲渡による所得
 家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産の譲渡による所得。
 しかし、貴金属や宝石、書画、骨とうなどで、1個又は1組の価額が30万円を超えるものの譲渡による所得は課税されます。


各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

乗用車に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する