みんなの相続Q&A - 引き取り拒否と相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å¼•ãå–り拒否と相続について

キーワード

相続放棄 限定承認

相談窓口

引き取り拒否と相続について

10数年前に離婚した父親が亡くなりました。(30年前ぐらいより別居。私は母親と同居。)
自宅での孤独死で、警察から電話があり、遺体の引き取り拒否をしました。母親が、絶対に認めないし、私一人では無理だったので。

私には兄がいますが、結婚しており、戸籍には入ってません。私は、親が離婚した時に手続きをしてない為、父親の籍に入ったままです。

ハッキリとは聞いてませんが、父親には借金があると思います。生命保険の事は聞いてません。
もし、保険とかがあり、それで借金等、処理できるのでしたら、私が動いてもイイのですが…
ちなみに、私は現在無職です。

相続も放棄して、全て知らないふりをするのも心が痛みます。もしかしたら、私に何か伝えたい事があったのでは?とか。
遺体の引き取り拒否をしたら、もう全て終わりなのでしょうか?
家の事とか何もしなくてイイのでしょうか?

母親には黙って、警察で父親の最後の顔をみてきました。そんな事しかできない、自分の無力さが情けないです。

すいません、自分でも何を聞いてイイのか分からず…
ホントは、最後に父親が生活してたトコを見たくて。
受け取り拒否した為に、もう私は部外者になるんですよね??

質問者まいまい さん 質問日2013年8月4日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年8月4日

部外者というのは,法律上の地位を指す概念ではなく,どういう意味か分かりません。相続放棄は,裁判所への申述という手続により行うものですから,遺体を引き取らなかったということだけでは相続人のままです。また,あなたのように父親と同一戸籍であろうが,兄のように結婚して除籍になっていようが,父親との関係は変わりません。
遺体の引取を拒否しても,相続するものがあれば,受け取っても構わないし,あなたが受取人の保険金があれば,受け取っても構いません。
借金があって相続放棄の手続をしたとしても,受取人があなたに指定されている保険があれば,受け取ることもできます。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年8月5日

部外者という言葉が何を意味するのか不明ですが、相続放棄の手続きをしない以上、あなたは父親の相続人です。相続放棄の手続きをとるにしても父親の財産状態を調査してから行うべきでしょう。ただ、3か月の期間制限がありますから、場合によっては家庭裁判所に期間の伸長の申し立てをして放棄可能な期間を延長してもらうことも考えてはいかがでしょうか。
いずれにしましても、一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年8月6日

遺体の引取拒否と相続放棄とは関係ありません。あなたは、相続人であることは間違いないので、借金があるか何らか財産があるかを調べてみたらいかがでしょうか。
放棄するなら3ヶ月以内ですが、そういう調査の為、家庭裁判所に申立てれば数ヶ月延長してくれます。

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年8月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

部外者にはなりません。相続放棄せず、限定承認されたらよいと思われます。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年8月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

「自宅」での、とありますが、賃貸ですか?持ち家であれば少なくともそれが相続財産にはなります。登記簿謄本で抵当権の有無は確認できます。賃貸で、借金もあるようだ、というのであれば相続放棄の方がいいような感じですね。生命保険は相続財産ではなく受取人が受け取れることになりますが。遺体の引き取りと相続放棄は法的にリンクしません。

弁護士の回答

尾崎法律事務所
専門家尾崎法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年8月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続はあくまで財産関係の承継の問題ですから、法律の定めた形式で相続するか否かが決まります。

遺体の受取を拒否しても、お父様の残された財産は相続することになりますし、それを拒否するのであれば、相続放棄の手続をとるしかありません。

放棄をしますと、借金を受け継ぐことはもちろんなくなりますが、財産を取得することもできなくなります。

放棄をするに際しては、一度お父様の財産関係を調査されてはいかがでしょうか。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口