みんなの相続Q&A - 死亡保険金について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ­»äº¡ä¿é™ºé‡‘について

キーワード

相続 時効 生命保険金・各種保険等 争続・トラブル

相談窓口

死亡保険金について

祖母には2人の娘がいましたが、私の母は早くに他界。叔母は、祖母のお金は一切いらないから面倒みたくないとまでいうので、孫の私達夫婦が祖母と同居していました。

その祖母も9年前に亡くなりました。死亡後の手続きも全て私が行い、保険金も含め財産状況を知らせたところ、叔母は、自分は何の世話もしてないからお金は要らないと言いました。
と言っても、葬式代や入院費などの支払いで殆ど残りませんでした。

それから今まで、叔母とは音信不通でしたが、最近になり「保険金を受け取らなかったのが配偶者にバレ、怒られた。自分はそれを貰う権利があるから返せ」と言ってきました。

既に祖母の通帳や保険証書などは処分してしまいました。保険金は叔母口座には振込まれなかったので、受取人は祖母自身か私だと思います。私の当時の通帳もありません。
祖母が受取人ならば、叔母にも権利があるかもしれませんが、10年近くも経ってから請求できるのですか?

叔母は昔からお金にルーズなので、また苦しくなったのだと思います。今更…と思いますし、実際残高も無かったのは事実ですが、証明できる物がない今、どのように対処したら良いのでしょうか?

質問者なつ さん 質問日2013年7月27日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年7月29日

受取人があなたならそもそも叔母様には何らの権利もありません。受取人が指定されていない場合には法定相続分の割合で権利を取得するといわれておりますので、叔母様には2分の1の権利が生じるものと考えられます。
ただ、そもそも10年経過しているのであれば、叔母様があなたに請求できる債権は時効によって消滅している可能性があると思われます。
いずれにしましても、一度専門家にご相談されるべき事案ではないでしょうか。

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続権が時効で消滅することはありませんが、生命保険金を返す債権は10年で時効消滅しますから返す必要はありません。

弁護士の回答

尾崎法律事務所
専門家尾崎法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

少なくとも、保険金の受取をあなたが代行したのであれば、その承諾を叔母さんからもらっているはずです。

したがって、その当時、相続分を主張しない旨の約束をしていたはずだと反論してみてはいかがでしょうか。

その旨の詳細を弁護士さんに相談して、反論の通知書を作成してもらうのがよいかも知れません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口