みんなの相続Q&A - 相続対策

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šå¯¾ç­–

キーワード

相続 相続税対策 小規模宅地の特例 不動産の相続

相談窓口

相続対策

祖母(80歳)の相続対策として、祖母の土地(価格2億円ぐらい)に母と私(母の子)とで三世帯の住宅を建てようと検討しております。
そのさいに節税できそうな対策とうございましたらご教示いただければ幸いです。

質問者tama さん 質問日2013年7月22日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年7月24日

住宅を建築するメリットとしては、以下の2点のメリットがあると思います。
1.更地評価の土地が住宅の建築により小規模宅地の評価減の適用が検討できること
2.建物の建築費相当額については、預金として保有して相続を迎えるケースよりも、建物として不動産として保有するより60%~70%位の評価額となること。

小規模宅地等に係る評価減とは、原則として被相続人と同居していた相続人が土地を相続した場合には宅地の評価額が大幅に減額されます。
二世帯住宅については、子どもが土地を相続した場合には、現行法でも被相続人(親)に配偶者が居ない等の一定の要件に該当する場合には240㎡まで、土地の評価額の80%減額が可能です。更に平成25年度の税制改正で、平成26年1月1日以降の相続については、二世帯住宅に関する要件が緩和され、更に小規模宅地の評価減が受けやすくなるように法律が手当されました。また平成27年1月1日以降の相続については、居住用の小規模宅地の評価減の対象面積が240㎡→330㎡に拡大されます。
以上のような状況ですので、節税できる余地は十分あります。

弁護士の回答

本橋一樹法律事務所
専門家本橋一樹法律事務所
回答日2013年7月25日

専門的なことは税理士さんにお聞きになっていただきたいですが、祖母の方と借地契約を締結して地代を支っていけば、相続時には借地権の負担のある土地と評価されるので相続税は安くなる可能性はあります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口