みんなの相続Q&A - 特別代理人が行う遺産分割について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç‰¹åˆ¥ä»£ç†äººãŒè¡Œã†éºç”£åˆ†å‰²ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割協議 不動産の相続 成年後見人・任意後見人

相談窓口

特別代理人が行う遺産分割について

今年の初めに夫の父親が亡くなり、相続が発生しました。
法定相続人は、夫の母親と夫(夫に兄弟はいません)です。
母親は現在脳梗塞で入院中で意思の確認ができない状態です。
夫が母親の後見人になるための手続きを行うのですが、父親の相続にあたっては特別代理人をたてなければならず、後見人の申請と共に父親の相続の遺産分割協議書案を提出しなければなりません。
特別代理人をたてて行う遺産分割に関しては、「被後見人は原則として法定相続分以上を相続しなくてはいけない」という規定があるこのことで、今回の場合、母親が1/2以上を相続しなくてはいけないのですが、相続の8割以上が不動産なので、不動産を分割して相続することになります。
今後の事を考えると、不動産はすべて夫が相続することが理想なのですが、「被後見人の法定相続分以上の確保」は絶対条件なのでしょうか?
それともあくまでも「原則論」であって、希望する遺産分割が認められるのでしょうか?

質問者ちょび さん 質問日2013年7月17日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年7月17日

絶対条件ではないのですが,例外を認めるためには,それなりの正当な理由が必要かと思います。法定相続分での分割を避けたい特別な理由があるのでしたら,裁判所に相談されたらいいでしょう。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年7月17日

被後見人が法定相続分以上を取得するのが原則です。この原則と異なる分割をすることをご希望であれば、裁判所と協議して対応を考えることになるでしょう。ただ、法定相続分と異なる分割をすることに合理的な理由が認められることは難しいように思えます。
いずれにしても、一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

尾崎法律事務所
専門家尾崎法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

おそらく、後見人が被後見人とともに相続人となっている関係上、お母様の後見人である息子(あなたのご主人)がお母様と利害相反すると評価されるのでしょう。

その結果、やはり被後見人の法定相続分は留保すべしと言うことが導かれるのだと思います。

同様の事例(相続人は妻と子供、妻が要後見状態)において、当職が後見人となった際(当然後見人は相続人全員と法律上利害関係はありません。)、被後見人について法定相続分の確保を裁判所から指導された経験があります。

ましてや、後見人自身が被後見人と利害が対立する局面においては、上記原則論を曲げるだけの例外的取扱を裁判所が認めることは難しいのではないかと思料いたします。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

不動産を処分するとかということがなければ法定相続分に従って共有とすることにそれほど支障はないのではないでしょうか?失礼ながら、ゆくゆくはお母上の相続が発生し、文面からはご主人がこれを相続することになるのかと思います。いずれにしても、裁判所の許可等が絡むのでイレギュラーな処理は望めません。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

絶対条件ではありませんが、確保しなくても良い正当な理由が必要です。希望される分割は認められないでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口