みんなの相続Q&A - 現金を贈与するには?②

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¾é‡‘を贈与するには?②

キーワード

贈与・生前贈与 贈与税

相談窓口

現金を贈与するには?②

たびたび申し訳ありません。養老保険の満期が近づいている者です。保険契約者(保険料負担者)は母、保険金受取人は母、被保険者は私です。300万ほど下りる予定です。母は保険金を私に渡したいと考えています。一度に渡すと贈与税がかかるので、全額現金で下ろして少しずつ貰うのはどうだろうと考えました。(裏ワザ的方法を考えたのです)口座振込みでなく現金でお金を貰う(証拠が残らない)と、母が亡くなった時(相続)など問題が生じるでしょうか?一般的な方法はどのようなものでしょうか?
詳しいことを書かずに質問して申し訳ありませんでした。お手数ですがお答えいただければ幸いです。

質問者toko さん 質問日2008年8月9日

行政書士の回答

おおま行政書士事務所
専門家おおま行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年8月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

行政書士の大澗(おおま)と申します。

贈与税は年間に110万円以上の贈与を受けた者に課税されます。
だからと言って、100万円ずつ3年に分けて贈与してもらったとしても、『連年贈与』と言って「はじめから300万円を贈与するつもりであり贈与税逃れのために3年に分けたに過ぎない」として300万円-110万円に課税される恐れがあります。

無難なのは、150万円ずつ2年に分けて4万円ずつの贈与税を支払うことでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口