みんなの相続Q&A - 権利があるのに相続できない

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ¨©åˆ©ãŒã‚るのに相続できない

キーワード

相続 不動産の相続 共有物分割請求訴訟 代償分割・代償金 死因贈与契約 争続・トラブル 遺産分割調停・審判

相談窓口

権利があるのに相続できない

二年前に父が亡くなり、二十年前に母が亡くなっています。
父と母名義の土地と、父名義の家があります。
その家には兄家族が住んでいます。

相続人は私と兄の二人だけです。

遺言状も死因贈与の書類もありません。
死因贈与が口頭でなされたかどうかは、今のところわかりません。兄が全く話し合いに応じてくれないためです。

私の相続分をもらいたいと申しいれましたが拒否されています。
調停手続きを司法書士さんにお願いしたところです。
裁判になることも覚悟しています。

ここで質問なのですが、その司法書士さんがおっしゃるには
「家、土地を半分に分けるのは現実に無理なので
お金でもらうことになるが、相手にお金がない場合
裁判所は家、土地を売れとは言わない。生活の基盤をこわすようなことはしないので、泣き寝入りになることもある」
とのことなのです。
実際、相手にお金がない場合、
このようなことになるのでしょうか。

よろしくおねがいします。

質問者なかむら さん 質問日2013年7月4日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年7月4日

そもそもご質問者には半分の相続権があります。
裁判所もその点を考慮しない審判を下すことはあまり考えられないないのではないかと思われます。ただ、お兄さんの生活の拠点をなくすことはないのではないかと考えられますので、お兄さんが不動産を取得して、代償金をあなたに支払う方向での調停成立に向けた誘導もしくは審判がなされる可能性があるのではないかと思われます。
いずれにしましても、一度弁護士にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年7月4日

それはほとんど考えなくていいと思います。
まず,裁判所は法律上の要件を満たせば必ず分割の決定をします。現物分割も代償分割も不可能だと判断しても,あなたが譲歩しなければ(換価を求めないとか),原則,換価分割で対応します。泣き寝入りといのは共有分割になることかも知れませんが,それは極めて例外的な場合ですので心配しなくていいでしょう。
司法書士さんは調停手続の代理人になれないので,穏便に分割がすむように,あなたに譲歩させたいのではないでしょうか。徹底的に換価を求めて審判を覚悟されているのでしたら,弁護士を代理人に立てた方がいいでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年7月4日

司法書士さんは、裁判手続は、限定的に認められていて、家事調停の代理人にはなれないはずです。
うまくいかないことはあるだろうけど、泣き寝入りと言うことにはなりません。あなたには権利があるのですから。相続は、被相続人が亡くなった時点で相続人に法定相続分があり、母の相続についてあなたは1/4の権利があり、父については1/2の権利が既に移転しているのです。兄に、お金で支払う(代償金)ことが出来ないなら、不動産につきあなたの持分(所有権)の登記をすることが出来ます。すなわち、兄と共有関係になり、兄にあなたにその分の家賃地代等を支払う義務が発生します(しています)。
また、共有者は、いつでも共有物の分割を請求することが出来ます(民法第256・1項)。請求することが出来るということは、訴訟を起こすことが出来るということです(民法第258・1項)。話し合いがつかないときは、裁判所は競売を命じ、競落代金を持分に応じて取得することが出来ます(民法第258・2項)。
あなたは弁護士に相談するべきです。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

審判になった場合、売却して配分せよ、ということではなく、例えば家はAが取得し、AはBに代償金として金員を支払え、という決定は予想されます。その場合、審判に基づいて競売を申し立てることが可能となります・・・ということになるかもしれないので、その前に調停(場合によっては審判に進んでも)、合意で売却するとかで解決できないか、を協議することになります。

弁護士の回答

尾崎法律事務所
専門家尾崎法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

可能性としてはあり得るかも知れません。

ただ、本当に代償金をお兄さんが支払うことができないかどうかは検討の余地がありますし、仮にそうだとしても、着地点としては、結局1/2は当該土地建物に権利を有する以上、あなたがお兄さんに持分を貸している関係になると考えられますので、地代・家賃相当額を支払ってもらうように調停することも考えられるのではないでしょうか。

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お兄さんが代償金を払えなければ各持分1/2の共有となりますから賃料をいただいて貸すか、共有物分割請求をして売って分けることになります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口