みんなの相続Q&A - 叔母の財産相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å”母の財産相続について

キーワード

相続 遺留分 遺言と遺言書 相続放棄 公正証書遺言

相談窓口

叔母の財産相続について

両親・配偶者がすでに他界をしており、子供のいない叔母がなくなりました。 公証人立会いの下叔母方の姪と故叔父方の甥を相続人とする遺言書を作成しました。
叔母は4人兄弟で1人存命しており、亡くなった兄弟には
それぞれ子供(甥姪)がいます。
遺言書があるのですが、相続人と指名された以外の甥姪は財産相続放棄の手続きをしなければならないのでしょうか。また存命の兄弟も財産相続放棄の手続きをしなければならないのでしょうか。

質問者いちか さん 質問日2013年7月2日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年7月2日

相続人と氏名された以外の甥姪や,あるいは存命の兄弟も放棄をする必要はありません。
その方達が放棄手続をしなくても,叔母の財産を取得する方(叔母方の姪,叔父方の甥)が,遺言書を用いて,財産を取得する手続(不動産であれば相続登記の手続)をして,それで終わりです。

弁護士の回答

佐久間総合法律事務所
専門家佐久間総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言書で相続人と指名されなかった人は、当然に相続権を失うわけではなく、遺留分を侵害されている場合には、遺留分相当額の財産相続の権利を主張することができます。ただ、法定相続人が被相続人の兄弟姉妹だけの場合は、遺留分が認められていないので、遺留分の主張ができませんが、法定相続人間で協議して遺言書で指定された相続分とは異なる相続分で相続をすることは禁じられていませんから、第三者から見れば、なお法定相続人であって相続をしたのではないかと思われる可能性があります。

被相続人の遺言通りの相続をすることにした場合は、遺言で相続人と指定された人以外の法定相続人は、相続放棄の手続をしなくても相続分ゼロの相続をすることになり、相続放棄の手続をしなければならないことはありません。もっとも、第三者から見れば法定相続人であって、被相続人の債務の相続をしたのではないかと思われて、その返済請求を受けるような可能性は残るので、相続放棄の申述をしておけば、その受理通知書を見せることで、相続はしていないことを容易に説明できることにはなると思います。

弁護士の回答

尾崎法律事務所
専門家尾崎法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言書が、相続人を指定する旨の内容であれば、甥姪のような遺留分のない他の相続人があらためて相続放棄をする必要はありません。

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

叔母さんの相続人は存命の兄弟1人と代襲相続人の亡くなった兄弟の子供(甥、姪)達です。
叔母さんが公正証書遺言で叔母方姪と叔父方甥に相続させるとしているのであれば、叔母さんの存命の兄弟や他の甥姪は遺留分がありませんので、その姪、甥が遺言書とおりに相続することになります。相続放棄の手続きは不要です。

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年7月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄する必要はありません。ただし、叔母さんに相続財産以上の債務がありそうな場合は相続放棄しておいた方がよいでしょう。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口