みんなの相続Q&A - 被相続人の預貯金を勝手に出金

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è¢«ç›¸ç¶šäººã®é è²¯é‡‘を勝手に出金

キーワード

相続 遺産分割協議 特別受益 争続・トラブル 不当利得・横領

相談窓口

被相続人の預貯金を勝手に出金

代襲相続権の行使で相談したものです。
ご回答いただきました通り各書類を持って銀行に行き
被相続人の生前からの取引履歴を確認出来ました。
被相続人と伯父(被相続人の弟)と同居したあたりから
不審な出金を見つけました。
銀行Aでは被相続人の介護施設入所直後にATMから毎日50万円引き出しと窓口で250万円計750万円を引き出しています。
銀行Bにおいては800万円、銀行Cでは1400万円と
解約ではなく出金で残高を数百円残したままになっています。
ゆうちょ銀行からの明細がまだ届きませんので合計が把握してませんがおそらく私が相続財産と予想していた金額にほぼ近い金額になると思います。
被相続人に無断で出金したら不当利得に当たり返還請求はどのようにして出来るでしょうか?
また伯父が生前贈与だと主張した場合に特別受益繰り戻しを請求出来るとありますがこの方法はどうすればよいでしょうか?
現在分割協議も調停もなにもしていない状態ですので
何から手をつけて良いのか分かりません。
どういった手順でやるのが好ましいのかよろしくお願いします。
他の相続人にも「いくらも貯金は残っていない」と嘘を付き預貯金のほとんどを勝手に引き出し伯母の介護施設の費用を引き落としの為に別の叔母名義の口座を作りその口座に伯父名義から振込その口座から引き落としするという手の込んだ伯父に対して有印文章作成及び同行使と窃盗での刑事事件として訴えることは可能でしょうか?
法的な手続きなど専門家にお任せするつもりですが当面自分がやるべきことなどをご教授頂ければ幸いです。


質問者seven さん 質問日2013年6月26日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年6月26日

ポイントは被相続人の意思が介在しているかどうかです。つまり、贈与意思があるのなら特別受益ですし、ないのなら、不当利得、不法行為の問題になります。話し合いがなかなかできそうにないのであれば、遺産分割の調停を家庭裁判所に申し立ててみてはいかがでしょうか。
調停手続きの中で伯父様のご主張を吟味してから刑事も含めて対応を考えることがよろしいのではないでしょうか。
いずれにしましても、調停申し立て前に一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年6月26日

前回の質問から,被相続人はあなたの叔母であり,不動産については遺言により取得者が決まっていたが,預金については叔母の生前から引き出されて,相続開始時には残っていなかったという前提で回答します。
1 預金が叔母からの贈与だった場合
 分割対象の遺産がありませんので,特別受益の主張して遺産分割協議をすることはできません。分割対象の遺産がありませんから。
 遺留分減殺請求もできません。あなたは被相続人の甥か姪ですから遺留分はないのです。
2 預金の引出が横領だった場合
 横領した引出分の法定相続分をあなたは,叔父に対し,請求することができます。相手が応じない場合は,訴訟をすることになります。
 訴訟前においては,引き出したお金の使途について説明を求めたらいかがでしょうか。本人が認知症等で判断能力がなかったと証明できるなら,その時点以降の出金は無断でなされたと考えられると思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年7月1日

不当利得(横領)は、相続に関係するが、民事法上の請求です。相続法に関連するので解りにくいし、複雑な問題となってしまいます。そういうお金を取り戻すには、他の相続人全員が一致団結した方が良いので、銀行の取引履歴のcopyを見せて相談してみてはいかがですか。一致団結した行為が出来ないときは、自分の相続分が侵害されたとして請求(訴訟)することも出来ます。
当面あなたがすべきことは、遺産の確定です(相続債務も含めて)。これは簡単なようでむつかしいものです。それと、他の相続人との話し合いをすべきと思います。

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月27日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

不当利得返還請求ができそうですし、特別受益にも当たるようですので弁護士に相談・委任されるのがよいかと思われます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口