みんなの相続Q&A - 代襲相続権の行使

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä»£è¥²ç›¸ç¶šæ¨©ã®è¡Œä½¿

キーワード

相続 相続放棄 争続・トラブル 手続き 不当利得・横領

相談窓口

代襲相続権の行使

複数のご回答ありがとうございます。
再度の質問になるのですが
本日各金融機関に調査の依頼をしました。
前回の質問になりますが銀行によっては、死亡時から現在以外やはり生前の取引については開示していただけないようです。
JAは過去にさかのぼっての調査が可能でした。
ゆうちょ以外は今週中頃に結果が出ると思います。
この場合伯母の生前に伯母以外が引き出しもしくは定期の解約をしていたとすれば調べるすべもなくお金の流れも掴めないのですがこの場合はどうすればよいでしょうか?
それと相続権利者の中の一人が不動産の相続について権利放棄とみなされる発言があったのですがそれ位後伯父は相続権の放棄の手続きもしていません。
相続権の放棄は相続を知ってから4ヶ月以内に手続きをしなければならないとありますが死後約1年半放置したままなのですがこの場合相続権の放棄は出来るのでしょうか?
現金についても本人は現在もいらないとの発言がありました。

ご教授よろしくお願いします。



質問者seven さん 質問日2013年6月17日

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

取引履歴を開示しない金融機関はないと思いますが、あった場合は金融庁に相談し場合によっては金融庁からの指導を求めてみては如何でしょうか。あるいは依頼した弁護士の所属する弁護士会をとおして金融機関に照会を求めることで開示が可能かも知れません。
家庭裁判所への相続放棄の申述手続きは、被相続人が死亡し、自分が相続人になったことを知ってから3カ月以内にする必要があります。既に3カ月を経過していますので相続放棄の申述手続きは困難ですが、遺産分割協議でその人の相続分はないとすることが可能です。もっとも単にいらないとの発言のみで実際の遺産分割協議時に相続分を主張されれば認めざるを得ないと思います。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

金融機関の対応がうまくない場合には改めて弁護士から弁護士法に基づく照会をしてみてはいかがでしょうか。放棄の関係では分割協議あるいは調停で決める必要があり、その中で一部の人は取得しない、とすることで対処できます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口