みんなの相続Q&A - 代襲相続権の行使

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä»£è¥²ç›¸ç¶šæ¨©ã®è¡Œä½¿

キーワード

相続 遺言と遺言書 遺産分割協議 争続・トラブル 代襲相続 手続き 不当利得・横領 公正証書遺言

相談窓口

代襲相続権の行使

平成23年12月24日に伯母が亡くなりました。
伯母は夫は死亡、子がなく私の祖父母である父親も母親も死亡しています。

代襲相続も含めて下記6人が現在の権利者になります。
長女(死亡)子1人、長男(死亡)子1人、次女(伯母)子無し、次男(私の父死亡)子2人、三男(生存)、三女(生存)
伯母は生前に認知症を患っており三男である伯父が同居していましたが重度になり施設に入所しました。

伯父が成年後見人かどうかは分かりません。
(自己破産)
伯母は生前に公正証書で不動産については遺言を残していました。
しかし預貯金については一切触れる事もなく亡くなりました。
満中陰の時に一部の相続権利者の前で同居をしていた伯父が「不動産」については遺言を披露し現金(預貯金)については「いくらもなく亡くなった」と口頭で告げられました。
伯母は生前かなりの預貯金があったはずです。
不動産についても未だに分割協議もしていません。
不動産については遺言がある以上従うのが当然ですが預貯金について私が独自で相続権利者の一人とし
現在銀行関係での伯母の口座のお金の流れを調査しています。
ここからが本題なのですが伯父が伯母の生前にもしくは死後に伯母の預貯金(定期含む)を出金してる可能性があります。
現に伯母死亡後の平成24年2月にATMより普通口座から19万円ほど引き出し残高が400円程度になっています。
入所していた施設で亡くなったのですがその時の費用は引き落としかどうかは現在調査中です。
口座についても現在調査中です。
もし生前に伯父が伯母の財産を勝手に使っていた(もしくは解約)していた場合に私達相続人は泣き寝入りになるのでしょうか?
伯父に直接聞くことはトラブルにもなり非常に困難ですので最終的には法律専門家にお任せしたいのですが
何分にも費用が伯母の遺産分割と見合うだけあったのかを確認出来ないと相談ができずに現在に至っています。
伯母の認知症を患ってからのお金の流れ、死亡時の
現在高、死亡後のお金の流れを素人である私が調査する事は可能でしょうか?
ご教授頂ければ幸いです。


質問者seven さん 質問日2013年6月14日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年6月14日

銀行・支店を特定して調査することは、相続人であれば、本人でも可能です。銀行に問い合わせをして、必要書類を提出して、手数料を支払えばいいのです。銀行・支店すら検討がつかないのであれば、専門家に依頼すべきでしょう。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年6月17日

ご質問者は代襲相続人として伯母様の相続人にあたるので、銀行等の金融機関へ取引履歴の開示を要請することができます。各金融機関ごとに必要書類等が異なりますので、お問い合わせをなさる必要があるでしょう。そして、場合によっては口座からの引き出し等が、不当利得、不法行為等に該当することが考えられます。取引履歴を取得された時点で専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

貴方が伯母さんの相続人として死亡時の残高証明書と取引履歴を金融機関に申請することはできます。相続人であることを示す戸籍謄本等と印鑑証明書、実印、本人を確認できる証明書(免許証等)が必要となります。金融機関により要求する書面が異なる場合がありますので、事前に確認した方が良いと思います。
伯父さんが生前に伯母さんの財産を勝手に使っていたことが取引履歴により証明が可能であれば不当利得として他の相続人から返還請求が可能です。

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

伯母さんの取引銀行から預金口座の元帳の写しを取寄せればお金の流れはわかります。伯父さんが伯母さんの預金を取り込んでいたら戻していただき遺産分割協議して分けることになります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口