みんなの相続Q&A - 相続をきめる覚悟

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã‚’きめる覚悟

キーワード

相続 限定承認 負債・借金

相談窓口

相続をきめる覚悟

何度が相談させていただき、やっと亡き父の借金問題も解決しました。ありがとうございました。調べられる信用情報機関3社はクリアし、相続する時が来ましたが、見えない何かがあるかと思うと心配で、相続する覚悟ができません。こんな時、専門家の先生はどうアドバイスされるのですか。まだ確認することがあれば、併せて教えてもらえると助かります。負の財産は、カードローンの弁済金100万(支払済)他2社クレジット(支払済)で、
プラスの財産は、マンションの所有権600万くらいです。

質問者ノラ黒 さん 質問日2013年6月10日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年6月11日

他に負債があるかもしれないとご心配なのでしたら、限定承認という制度を利用すればよいのではないでしょうか。限定承認というのは、仮に亡くなった方に負債があっても、相続した財産の範囲で支払えばよいというものです。申し立てる先は家庭裁判所です。もっとも、相続開始後3か月以上経過しているのであればこの手続きは利用できないことになります。いずれにしても、一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄についての考慮期間は、通常であればこの間に何かあるであろう、という意味でしょうから、その間鋭意調査をしてプラスマイナス材料が一通りそろった、ということかと思います。その結果として相続をした方がいいかどうか、ということでしょう。限定承認もありますが手続きも煩雑で費用もかかる、というネックがあります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口