みんなの相続Q&A - 認知症うたがいの強い母を老人ホームから連れ去りました

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > èªçŸ¥ç—‡ã†ãŸãŒã„の強い母を老人ホームから連れ去りました

キーワード

成年後見人・任意後見人

相談窓口

認知症うたがいの強い母を老人ホームから連れ去りました

弟が認知症の母を老人ホームから連れ去りました。
身元引受人は私です。
母は、腰も悪いため車椅子状態で自宅で歩くと骨折するとい追われています。
長谷川式テストで12点で、担当の先生からは、レビー小体認知症の疑いが強いと言われました。
後日MRIの検査をする予定でいたが、弟が連れ去りました。連れ戻しに行っても鍵を開けてもらえなければ、中にも入れないかもしれません。どうすればいいでしょうか弟は、成年後見制度に猛反対で認知症の診断が確定するのが、いやで連れていったと思われます。

質問者アン さん 質問日2013年6月9日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年6月20日

お母様の身元引受人としての立場で最寄りの警察にご相談されてみてはいかがでしょうか。また、すみやかに家庭裁判所へ成年後見人の選任の申し立てをするべきなのではないかと思われます。現状を説明して以前の診断書を提出すれば場合によっては受け付けられる可能性もあるものと考えられます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年6月20日

弟の行為は、財産目当てでしょうか、他に何か目的があるのでしょうか。いずれにせよ、お母さんの為に治療、看護を優先的に行うべきです。
通常は、成年後見人を立てるべき事案と思われます。弟が反対しても申立は出来ますので、やってみたらいかがですか。どうしても、誰にも会わさない、老人ホームにも入れないという、不法なことをすれば、人身保護法による救済手段があります。
この請求は原則的には弁護士を代理人としなければならないことになっていますが、裁判所は迅速なる裁判(したがって審理の進行も迅速に)をしなければなりません。そして、拘束者、被拘束者、請求者とその代理人を召還します。普通なら、その段階で弟は拘束を解くと思われますが・・・

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

家裁で成年後見人を選任してもらい、成年後見人にお願いすることです。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口