みんなの相続Q&A - 認知症の母に生前贈与を迫る弟

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > èªçŸ¥ç—‡ã®æ¯ã«ç”Ÿå‰è´ˆä¸Žã‚’迫る弟

キーワード

相続 争続・トラブル 成年後見人・任意後見人 不当利得・横領

相談窓口

認知症の母に生前贈与を迫る弟

現在介護付き老人ホームに入居している母を連れて、本日物忘れ外来(認知症)を受診しました。先生からは本日の検査では、レビー小体型認知症の疑いが、強く有ると言われました。長谷川式認知症スケールのテストでは12点でした。
今後MRIなどの検査もして最終的には6月24日に診断結果が出ます。
そこで問題なのですが、弟2人が、あと10年間ほど母が存命するとしてその資金は取っておいて、それ以外の預金を、子供3人で分けたいと弟に言われました。母も承知だと弟はいいますが、私が母に聞くとそんなことは言っていないと言います。母の寿命が思いのほか長い場合に、老人ホームへの支払いの資金も要りますし、母の預金は母の物ですし、勝手に定期等を解約なども出来ません。そんな言をすること自体横領になりませんか?
私はそんな言をさせない為にも、生年後見制度を利用し、第3者に後見人になってもらう事を考えていますが、弟達は猛反対です。
弟達にそんなことはさせない様に説得する方法は有りますか?

質問者アン さん 質問日2013年6月3日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年6月4日

成年後見人は、本人、親族、利害関係人の請求もしくは職権で家庭裁判所の審判により選任されます。お母様が了解していない以上、生前に預金を分けることはできませんので、弟さんたちのご主張は通用しないと考えられます。ただ、強引にお母様に生前贈与を迫ることも考えられますので、速やかに家庭裁判所に成年後見人の選任の申し立てをされて、後見人にお母様の財産管理をゆだねてはいかがでしょうか。
いずれにしましても、一度専門家にご相談されてはいかがでしょうか。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年6月6日

説得は,横領になるとか言えばいいのではないでしょうか。
成年後見の申立てをする際は,黙ってやってしまってはいかがでしょうか。母親のお金を引き出そうとしたのですから,言い訳できないと思います。文句言える立場でないと思いますので,強気に対応して構わないと思います。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年6月10日

説得の方法というのは自由ですが、弟たちの言っていることは、違法なことだと認識させることではないかと思います。違法でも言い分どおりにやりたいとなれば、もはや説得の問題ではなく、物理的に違法行為をさせないようにするしかないでしょう。預金関係の通帳、証書、印鑑を隠すとか、貸金庫に入れる(無ければ、あなた名義で作る)とか。現在、それらは、お母さんが持っているのですか?ならば、よく話をしてそうしておくと良いでしょう。そして早く、成年後見人選任の申立をすることです。

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

言うだけでは横領にはなりませんが、お母さんに無理矢理署名捺印させて定期等を解約する恐れがありますから家裁に成年後見人を選任してもらい定期等の証書、通帳等を預かってもらえば安心です。

弁護士の回答

六法法律事務所
専門家六法法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年6月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

任意後見契約を締結してあなたが後見人になる方法があります。後見監督人として第三者がつきますが、あなたが管理するので弟さん達の預金解約を聞く必要はありません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口