みんなの相続Q&A - 将来に備えてしておくべき準備

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å°†æ¥ã«å‚™ãˆã¦ã—ておくべき準備

キーワード

相続税対策 贈与・生前贈与 相続 不動産の相続 相続の対策と準備

相談窓口

将来に備えてしておくべき準備

将来両親が亡くなった時、持家その他資産について相続関連の問題が発生すると思われるのですが、現段階から準備しておくべきことはありますか?

私は東京在住の33歳、妻子ありの男性です。

姉が一人おり、既に嫁いでいます。

両親は63歳と60歳、現状は至って元気でバリバリ現役で仕事をしています(自営業)。

資産は、大阪の実家(2-3000万くらいの価値)、大阪にマンションが二部屋、関西の複数地域に土地が幾つか、あとは車とか現預金があります。(と思います・・・)

相続に関する知識はまったくないのですが、何か備えておくべきことがあれば、そういったことも考え始めないといけない時期なのかな、と思い、投稿させて頂きました。

ぼんやりした質問で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

質問者ぐっさん さん 質問日2008年4月4日

行政書士の回答

出口太郎行政書士事務所
専門家出口太郎行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年4月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

資産の名義人がどなたになっている場合で違います。
両親のどちらかに亡くなった時の相続人は、配偶者(父か母)・ぐっさん・姉の3人になります。
基本的な相続税は、9,000万円までかかりません。
(そのほかに、小規模宅地の特例があります)
遺産の内容も調査した方が良いでしょう。
遺族間でのトラブルにならないためには、両親が判断能力のあるうちに、遺言書の作成をしておくと良いでしょう。それも、公正証書にしておけば、なお良いです。

行政書士の回答

出口太郎行政書士事務所
専門家出口太郎行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年4月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続税の基本的な非課税枠は8,000万円です。
(相続時精算課税制度の活用)
贈与者は、満65歳以上の親
受贈者は、満20歳以上の子である推定相続人
申告を前提に、2,500万円の非課税枠(限度額まで複数回使用可)
通常の贈与では、税金がかかりますが、要件はありますが、この相続時精算課税制度の活用した場合は、相続時に清算する制度です。

行政書士の回答

行政書士オフィスぽらいと
専門家行政書士オフィスぽらいと(過去掲載の専門家)
回答日2008年4月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はじめまして。行政書士の財間と申します。
ご両親が資産をお持ちですので、相続では、相続税と遺産分割について、対策を考える必要があるでしょう。
相続税対策としては、お父様、お母様名義の財産を整理し、それぞれの相続で、相続税が発生するかどうか、ざっくり計算してもらいましょう。相続税が発生する場合は、生前贈与や生命保険などを利用して、節税対策をとることができます。
遺産分割のほうは、ご両親が自営業ということですので、ご相談者様が家業をお継ぎになる場合や、お姉様との人間関係などによって、対策を考えておく必要があります。
相続税によって、遺産分割の方法なども変わりますので、私どもでは、税理士をまじえて、対策案などをご提案しております。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口