みんなの相続Q&A - 養育費について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é¤Šè‚²è²»ã«ã¤ã„て

キーワード

離婚・再婚

相談窓口

養育費について

私は、離婚の際、「離婚に伴う合意書」を作成し、前妻が再婚する際、改正案として養育費の支払いを前妻が再婚したと同時に支払いをしない。と合意しました。
ここで、質問します。
①前妻が、再び離婚した場合、前妻より再び養育費の請求があった場合は支払わなければならないのでしょうか?
②前妻が離婚後にもし、事故などの理由で、養育費の請求がある場合は支払わなければならないのでしょうか?

質問者しん さん 質問日2013年5月13日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年5月14日

相続問題ではありませんが、ご回答いたします。
まず、上記の合意により子供の請求権自体は直接影響を受けないとの考えもあります。
また、そのような考えは別として、前妻との間に合意が一旦は有効に成立していたとしても、その後に離婚や事故などで事情が変化し合意に拘束されることが子の看護養育に大変不都合となった場合には、やはり質問者の方も応分の負担つまり状況に即した養育費の支払いをしなければならないものと考えられます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年5月21日

離婚すると配偶者は他人となりますが、子は一生、子として親(父)との関係を持ちます。したがって、前妻が再び誰かと離婚しても、あなたは、法的には子に対して成年になるまで扶養義務があります。その意味で、前妻が再婚時に扶養義務を免除した行為は、法的に問題があります。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年5月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続問題ではないのですが・・・。養育費は親と子の関係で必要なものです。②がどういう場合を想定しているかはっきりしませんが、いずれにせよ請求があるということは養育費が必要な状況にある、と推測されます。ただ金額等納得がいかなければ調停できちんと話し合う必要があるでしょう。

弁護士の回答

丸山英敏法律事務所
専門家丸山英敏法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年5月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

①支払わなくてはいけないでしょう。養育費は子供のためのものですから原則として放棄できません。前妻が再び離婚して養育費が必要となれば支払わなければなりません。
②同じです。事故などの理由で養育費が必要になれば支払わなければなりません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口