みんなの相続Q&A - 義父の不動産収入

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¾©çˆ¶ã®ä¸å‹•ç”£åŽå…¥

キーワード

相続 不動産の相続

相談窓口

義父の不動産収入

先日、義父が亡くなり、義父所有のテナント家賃収入(約500万円)があり、どのように処理すればいいか困っています。
妻(47歳)は、パート勤務で年間収入80万円程度。私の扶養に入っています。
私(52歳)はサラリーマンで給与収入は年間780万円程度。妻がそのまま相続した場合、私の扶養からは外れ、税はもちろん保険も国保加入となります。
税金は、しっかり支払うものと考えますが、ベストな方法をご教示できませんか?よろしくお願いいたします。

質問者とても不安 さん 質問日2013年5月1日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年5月1日

一般論をいえば,扶養を残してその利益を得つづけたいが,他方で遺産はしっかり貰いたいということでしたら,不動産を外の相続人に,妻は,金融資産ないしは代償金を得て,将来の不動産所得税の発生を抑えるということになります。
ベストな方法を選択するためには,相続によって得る利益,扶養をはずれる不利益,今後得られる不動産所得等を,具体的に計算してみて判断するしかありませんが,税理士にお願いしてみたらいかがでしょうか。

弁護士の回答

本橋一樹法律事務所
専門家本橋一樹法律事務所
回答日2013年5月2日

まず、相続人間の争いはなく、奥様が全てを相続するかどうか、という前提でお答えします。
奥様が相続すれば年間約500万円の売り上げのある事業所得者となり、当然、課税関係や健康保険の扱いも変わるでしょう。
しかし、結局は相続するか、しないかの二者択一しかなく、そうなると、テナント収入の前提である不動産の所有権、そしてテナント収入を考えれば税金や保険の事を考慮しても、相続をした方が得なのではないでしょうか。
詳細なシミュレーションについては税理士も含めて検討すべきことと思いますが、経験上、税金のことから結論を逆算して考えるとろくな事はありません。
まずは、奥様がどうしたいのかという根本的なところから出発して、節税すべきところは節税するという方針を取られるべきと思います。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年5月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

やはりきちんと税務申告すべきでしょう。現状を上回る収入が得られるようになるということですし、テナントの管理も必要になるとすれば奥さんのパートが続けられるか、ということも想定されます。またテナント収入となると経費等の処理もあって税理士による税務処理も必要となるはずです。より高額の収入の反面による制約として甘受せざるを得ないと思います。またおそらくこれまでも税理士による税務申告をしていたと思われるのでその税理士に相談したほうがいいと思います。

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2013年5月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

義理のお父様が所有していた不動産は、全て奥様が所有されるのですよね? であれば、後に奥様に不動産収入に関する税務調査が入る可能性がありますので、今回の相続のタイミングで、奥様名義に不動産名義、及び不動産賃貸取引銀行口座を変更し、不動産収入を奥様側で申告してください。その方法がベストです。

奥様は扶養から外れてしまいますが、仕方ありません。保険もやむをえません。

青色申告の届出等の提出や、義理のお父様の不動産所得の申告も済ませなければなりませんので、税理士の方にすぐに相談されることをお勧めします。

もし頼りになる税理士の方がいらっしゃらなければ、弊社赤坂事務所までお越しください。できる範囲とはなりますが、アドバイスさせて頂きます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口