みんなの相続Q&A - 遺言執行者について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€åŸ·è¡Œè€…について

キーワード

相続 遺言執行者

相談窓口

遺言執行者について

執行者は親族でも良いのですか?報酬は遺言に明記したほうがいいですよね?いくらでも大丈夫ですか?

質問者YUM さん 質問日2013年4月29日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年4月30日

1 遺言執行者は親族でも構いません。
2 報酬は明記した方が,後に問題が少ないのでは。
3 報酬を多額にしすぎると,遺留分の制限の脱法と見なされる可能性はあります。少ないのは構いません(本人が執行者に就任するかどうかは自由ですから)。

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年5月9日

遺言執行者は親族でも結構です。
報酬については遺言書に明記しておいた方がスムーズに遺言執行ができるのではないでしょうか。なお、もしも記載していなかった場合には、相続開始後、遺言執行者と相続人間で協議するか、もしくは家庭裁判所で定めていただくことになります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年5月9日

遺言執行者は親族でも、相続人でも良いです。報酬は遺言書に書いておいた方が良いでしょう。弁護士のように、職業として遺言執行する場合は、報酬請求権がありますが、親族の方には果たしてその請求権があるのかという問題もあり、また、他の相続人が異議を唱えることも考えられますので・・・

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年4月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

執行者は親族で構いません。報酬については遺言で定めることができますが、遺産の状況によっては執行が難しいものになったりということもあり、場合によっては報酬をめぐって問題が生じないわけではないでしょう。ただ遺言者の意思の明示ということではそれなりの意味をもつとは思います。金額も、従って何でもいいということではなくそれなりの合理性は必要になります。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年4月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺言執行者は誰でも構いません。報酬については、遺言で定めた方が良いと思います。額は、親族であればいくらでもよいと思いますが、念のためあらかじめ話を付けておいた方が良いでしょう。なお、裁判所が相当額を定めることもできます。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口