みんなの相続Q&A - 遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶š

キーワード

相続 遺留分 特別受益

相談窓口

遺産相続

私には、前妻との間に一人男の子がいます。
Q&Aを拝見して、質問なのですが・・・
自分の財産を全て、再婚相手との間に出来た子もしくは再婚相手の名義で貯蓄した場合、前妻の子に対しての遺留分は0に等しいのでしょうか?
土地や持ち家を持った時、自分名義ではなく再婚相手名義にすることで、その分の財産も対象外になるのでしょうか?

質問者SIN さん 質問日2013年4月28日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年5月1日

実質的にはあなたの財産なのに、再婚相手もしくはその方との間の子の名義にすることは生前贈与と考えられます。そして、前妻との間の子は遺留分権利者です。
再婚相手もしくはその方との間の子はあなたが亡くなった場合の相続人となりますので、その場合の贈与は特別受益と考えられ、民法1030条の条文にかかわらず遺留分減殺の対象となるとするのが判例の立場です。したがって、あなたのご質問のいずれの場合でも遺留分減殺請求の対象となるものと考えられます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年5月7日

前妻の子の遺留分は、そのようなときの為に認められたものですから、ゼロということはなく、通常どおりあります。
生前に名義を相続人の名にすることは、贈与となり贈与税の対象となります。また、遺産分割のとき、他の相続人が、そのことを知るともめるし、「特別受益」として、贈与分を相続財産に加えて各自の相続分を計算することにもなります。(民法第903条)

弁護士の回答

佐久間総合法律事務所
専門家佐久間総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年4月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺留分の計算の対象となる財産について、民法では「遺留分は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除して、これを算定する。」(民法1029条1項)とし、このうち「贈与した財産」については、「相続開始前の一年間にしたもの」および「当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、一年前の日より前にしたものについても、同様」(民法1030条)としています。

ご質問の趣旨が、再婚相手との間の子または再婚相手に財産をすべて贈与してしまえば、前妻の子には遺留分がなくなるか、というものであるとすれば、少なくとも相続開始前1年間になされた贈与財産は遺留分の対象となるということになります。

前妻の子に遺留分も与えないようにする意図で、このような贈与をしたとすれば、その贈与により遺留分権利者が確保できる財産を得られなくする損害を加えることを知ってなされた贈与と評価される可能性があり、相続開始前1年間に限らず、贈与された財産は遺留分の計算対象になると考えられます。


税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2013年5月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

不動産の購入に際しては、必ず税務署から、不動産購入資金の使途を確認するための「お尋ね」というものが届きます。充分な所得のない奥様が不動産の名義人となった場合、実質的SIN様が負担してあげた部分に相当する額の贈与とみなされてしまいますので、あまりお勧めできません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口