みんなの相続Q&A - 有限会社 株 相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æœ‰é™ä¼šç¤¾ã€€æ ªã€€ç›¸ç¶š

キーワード

相続 遺産分割協議 争続・トラブル 株式の相続

相談窓口

有限会社 株 相続

社長の伯父 A と 専務の父 B と部長(経理)義理

叔父 C で290株 170株 170株と3人で保有して

ました。 私 Dは12年前に入社してBの代わりとし

て社内外の業務をこなしてきましたが、先月 Bが病

気で亡くなり相続の問題が起きした。AとBは兄弟で

CはABの妹の夫です。 BDとCはいろいろと長年

確執が有ります、AはDを役員にとして専務に起用は

するのは社内外だれが見ても当たり前だととしてくれま

すが、Cは自分の立つ場がなくなるかも知れないのでD

の役員の起用に反対をします。 担当の税理士は本来

なら中立の立場なはずなのですが、Aの意見も聞いて

少しも考えをせずCよりの意見です。

どこに相談すればいいか分からず、ここに質問させて

貰いました。 Bが持っていた株はDが相続できるので

しょうか?

相続する場合いくらかかりますか?

Dが役員にはどうしたらなれますか?

長文すみませんがどうしたらいいかのか分からないの

でお願いいたします。


 

 

質問者waen さん 質問日2013年4月24日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年4月24日

Bの170株は,Bの相続人の協議によりDが取得することができます。他の相続人がDが取得することに賛成し,分割協議が成立すれば,Dが株式を取得したことになります。それについては,A,Cの意思に関係ありません。
あなたが,170株を取得できたら,Aの290株と合わせれば過半数ありますので,Cの意思に関係なく,Dを取締役に選任することは可能です。
相続する場合にいくらかかるかとは,相続税のことでしょうか。全体の遺産が分からないと相続税は判明しません。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年5月1日

Dは、相続人ですから相続できます。
株価によります。
役員は、株主総会で決めるものです。株の過半数を持つ者(複数も可)なら、役員を選ぶまたは反対することができます。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年4月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

父Bとあるのであなた(D)はBの相続人になります。他の相続人と分割協議をし、会社持分全日を相続することでい一致すればOKです。その後は役員会を開催して役員を選任すればいいでしょう。相続税については他の遺産や会社の資産状況が分からないのでここでは見解を示せません。その点は税理士にお尋ねください。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年4月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 Dその他Bの相続人は、Bの保有していた財産を相続するので、会社の株も当然に含まれます。ただし会社の定款に規定があれば、会社から相続人に買取を求めることができますので、定款の規定を見てみないことには正確なことを申し上げることはできません。
 役員の選任は、原則的には株主総会の決議です。Aが賛成してくれるのであれば、46/63の賛成を得られるので、通常は選任可能です。ただし定款を見てみなければ正確なことを申し上げることはできません。

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2013年5月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

親族間の確執は取り除くの難しいですので、法律論で切り崩していくしかありません。まずDがBの所有株式を相続します。これは遺産分割協議書1枚で終わります。Aの協力は必要ですが、その後臨時株主総会を開催し、A、D、C 同席の上で、株主総会と称して簡単な会議を開催し、Dを取締役とする様、決めてください。Cが反対しても、AとDが賛成すれば、Dは役員となります。

相続税については、決算書等を拝見しなければ何とも言えません。

弊社赤坂事務所におお越し頂ければ、できる範囲何ですが、ご相談にお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口