みんなの相続Q&A - 相続したマンションの売却について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã—たマンションの売却について

キーワード

相続 不動産の相続 不動産鑑定評価 相続税

相談窓口

相続したマンションの売却について

親が残したマンションを相続しました。

親は中古物件を3,200万円で購入し、7年ほど住んでおりました。

法定相続人は私1人ですが、自分の住まいと離れているため売却をする予定です。

このマンションの売却相場を調べると、現在も3,100〜3,200万円で売却が可能なようです。

仮に3,200万円で売却した場合、どのような税金がどれくらいの金額でかかってくるのでしょうか?

はじめてのことで全く分からない状況です。
アドバイスよろしくお願いします。

質問者ぷくぷく さん 質問日2013年4月16日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年4月16日

基本的に,購入後,値上がりしなかった土地建物を売却する場合は,譲渡所得税はあまり心配しなくていいのです。
「タックスアンサー」「譲渡所得税」でネット検索すれば,国税庁のホームページに計算方法の詳細が載っています。

税理士の回答

アルテスタ税理士法人
専門家アルテスタ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2013年4月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

3200万円で売却した場合、税金計算上控除できる経費は、「売却の際の売却手数料」と、「売却した不動産の取得費」です。これらを控除した残額(=譲渡所得)に、15%を乗じて所得税、5%を乗じて住民税を計算します。税務署に置いてあるパンフレットに、意外に(?)わかりやすく書いてありますので、そちらを参考に計算されることをお勧めします。

「売却した不動産の取得費」ですが、相続された不動産の購入時の契約書がある場合には、その購入に要した額となりますが、建物に対応する部分については、定額法と呼ばれる減価償却方法に従い、少し減額して計算しなければなりません(今回は中古物件ですので、その点も考慮に入れます)。仮にその物件の当初の取得価額が3200万円で、建物部分が2000万円だった場合、建物部分の取得費は大凡1500万円位になるのではないでしょうか?(全く根拠は無いですが。。) 土地部分は1200万円ですから、この場合は土地建物トータルの取得費は、2700万円となります。

売却金額3200万円-売却手数料96万円-取得費2700万円=404万円(譲渡所得) これに15%を乗じた約60万円が所得税、5%を乗じた20万円が住民税となります。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口