みんなの相続Q&A - 代襲相続者も死亡の場合

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä»£è¥²ç›¸ç¶šè€…も死亡の場合

キーワード

遺産分割協議 不動産の相続 代襲相続 相続権と相続順位 遺産相続の割合

相談窓口

代襲相続者も死亡の場合

居住地の土地名義が祖父の名前でしたが一人息子でしたので特に気にせず名義の書き換えをしておりませんでした

必要があり先日法務局に行って戸籍を取ってビックリでした
祖父母共に再婚であり祖母は前夫との間に長女が居た事がわかりました

祖父は20年程前に死亡
祖母は8年程前に死亡

祖母の長女は15年前に死亡
長女は結婚しており一人娘が居る事が判明
長女の夫は存命
一人娘は未婚で一昨年死亡

本来は長女が代襲相続人になると伺いましたが未婚の為、直系卑属の代襲相続は途切れる?
この場合、長男一人が全てを相続する形になり誰の判も必要無くなると考えて問題ありませんでしょうか?

それとも長女の夫が存命ですので、この方の判が必要となるのでしょうか?

よろしくお願いいたします

質問者のむぅ さん 質問日2013年3月25日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年3月25日

20年前,祖母は祖父から相続分を取得していますので,祖母が8年前に亡くなり,長女の一人娘が代襲相続することは問題ありません(長女の一人娘が祖父の直系卑属である必要はない。)。
一昨年長女の一人娘が亡くなり,その地位を長女の夫(一人娘の父親)が相続します。

弁護士の回答

佐久間総合法律事務所
専門家佐久間総合法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お祖父様も再婚だったとのことですが、お祖父様と前妻の間にはお子様がいなかったという前提で考えます。

お祖父様の単独名義の土地の相続は、20年程前に亡くなられたときに、その時の妻であるお祖母様が2分の1と、のむぅ様のお父様またはお母様、およびご兄弟がいればそれらの方が合計2分の1を相続します。

その後、お祖母様が8年程前に亡くなられたときに、相続していた土地の2分の1の持分について、のむぅ様のお父様またはお母様、およびご兄弟がいればそれらの方と、お祖母様と前夫との間の子供(長女)が相続人となるところ、長女がすでに死亡していたので、その子供である一人娘(孫娘)が代襲相続人として相続します。

そして、孫娘が2年前に亡くなった時に、孫娘が代襲相続していたお祖父様の土地の持分が、孫娘の相続人となるその父親(長女の夫)に相続されているはずです。したがって、長女の夫の持分があると考えられるので、その持分に関して交渉する必要があるでしょう。

弁護士の回答

新都心法律事務所
専門家新都心法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

祖父の死亡により、土地は祖母が2分の1、一人息子の長男が2分の1の割合で相続します。
祖母の死亡により、その2分の1は長男がその2分の1(全体の4分の1)、代襲相続人の一人娘が2分の1(全体の4分の1)を相続したことになります。一人娘の死亡により4分の1は父である長女の夫が相続します。
したがって、長女の夫の判が必要となります。

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 結論から申し上げれば、本件では長女の夫が1/4の持分を有していることになり、この方の協力なしに単独で長男名義にすることはできません。
 まず、お祖父さまが亡くなられたときに、土地は長男とお祖母さまが半分ずつ相続されています。そしてお祖母さまが亡くなられた際に、お祖母さまの持分の半分を長男が、残りの半分を長女の代襲相続人である長女の娘が相続します。最後にこの娘さんが死亡したときに、長女の夫が娘さんの持分を相続しています。
 ですので、長女の夫とお祖父さまの遺産分割をするという手続をすることが必要となると思います。書面の名義が複雑になるので、協議書作成の際には専門家にご相談されるべきであると思います。

弁護士の回答

渡部田中法律事務所
専門家渡部田中法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年4月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 まず,祖父が亡くなられた際に,祖母が2分の1,のむぅ様のお父様ないしお母様が2分の1を相続します。次に,祖母が亡くなられた際に,祖母の持分の2分の1(全体の4分の1)について長女の娘が代襲相続します。最後に,長女の娘が亡くなった際に,その長女の娘の持分について長女の夫が相続することになります。
 したがって,長女の夫が全体の4分の1の相続分を有していることになります。そこで,のむぅ様の単独登記とするには,長女の夫との間で遺産分割協議を成立させる必要があります。

渡部田中法律事務所
 弁護士 渡部直樹

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口