みんなの相続Q&A - 内縁の妻に

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å†…縁の妻に

キーワード

相続 遺言と遺言書 遺産分割協議 相続放棄 相続財産管理人 公正証書遺言 内縁 遺留分減殺請求

相談窓口

内縁の妻に

私の弟が10年以上同棲をしており、結婚はしていません。

私と弟の親である、父・母とも他界しています。
父母が亡くなった際には、弟と2人で遺産分割を済ませています。不動産などはなく、金品のみです。

父方の親族とは連絡は途切れており、母方の姉妹とは
年に1~2回会うか会わないかくらいの関係です。

私には主人と子供がいて、弟とは違う他県に住んでいます。

弟に何かあった場合、弟自身は同棲相手の女性に
いろいろお願いをしているようで、相続(預金)もさせたいようです。

私としましては、弟自身が納得の
いくようにしてもらいたいのが本音です。

弟に何かあった場合には、同棲の女性に
全て(葬儀を始め、いろんな手続きや整理など)お任せしたいと思っていますが、法律上では
血縁者である私に回ってくるのでしょうか?
遺産については、私は相続放棄をすれば
次に誰が受け取ることになるのでしょうか?

そこで、私にいろんなことが回ってくる前に、同棲の
女性に全てを託すという弟からの書類などがあれば
その女性に全てお任せすることが出来るのでしょうか?

質問者あか さん 質問日2013年3月22日

弁護士の回答

クレド法律事務所
専門家クレド法律事務所
回答日2013年3月22日

同棲相手には相続権はありませんので、弟さんがその方に相続させたいというご意思であれば遺言によって包括遺贈することになると思われます。この場合、遺言は公正証書により作成されるべきでしょう。遺言の中で祭祀主宰者や遺言執行者として同棲相手の方を指定しておかれればよろしいのではないでしょうか。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2013年3月22日

葬儀とか,いろんな手続や整理が,誰がすべきということは法律上決まっているわけではありませんが,一般的には相続人です。弟が,同棲の女性に託すという書面を書いても,亡くなったとき,その女性がいろいろやってくれる保証はありません。
相続人でないその女性に遺贈をしないと,その女性が,弟さんの遺産を取得することできません。あなたが相続放棄すると,権利者がなく,中に浮いてしまい,最終的に国のものになってしまいます。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2013年3月29日

弟に子が居なければ、相続人は、姉であるあなただけです。あなたが相続放棄すると、相続人不存在となり、ややこしい手続になります(民法第951~595条)
内縁の妻は特別縁故者として、その請求により財産の一部または全部を与えられることがあります(民法第958の3)。
ですが、内縁ではなく結婚するのが最も簡単で、良いと思います。本件の場合、あなたが一旦相続してこれを内縁の人にあげるということも考えられますが、税金は2回かかることになります。弟に財産があり、今のうち贈与しておくにしても贈与税の問題があります。その人のことを思うなら、結婚すれば問題は解消されます。その場合の相続分は、あなた1/4、配偶者3/4、子供ができればあなたは相続人ではなくなります。

弁護士の回答

渋谷徹法律事務所
専門家渋谷徹法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

弟さんが遺言書(公正証書で作成すべきです)を作成するとその意思に沿って解決が図られます。なお、どういう事情か分かりませんが、相続が懸念されるようであれば、そのためにも入籍を検討されるほうがいいかと思います。

弁護士の回答

イージス法律事務所
専門家イージス法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

弟さんときちんとお話をされて、内縁の女性に「遺産を全て渡す」という内容の遺言書を書いてもらうべきです。
質問に書かれた内容からすれば、法定相続人はご相談者様のみと考えられますが、お姉さまであるご相談者様にはそもそも遺留分減殺請求権がありませんので、上記の遺言書があれば、内縁の女性が弟さんの全ての遺産を手にされることとなります。

行政書士の回答

行政書士 服部事務所
専門家行政書士 服部事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは、行政書士の服部です。

同棲中の女性、いわゆる内縁の妻には相続権はありませんので、基本的には弟さんの財産を相続することはできませんが、あなたが相続放棄をし、相続人不存在となった場合に、特別縁故者として相続できる可能性はあります。

しかしながら、手続きなどの手間を考えたら、遺言書を作成しておくべきでしょう。あなたから弟さんに助言してあげてください。

なお、葬儀などは相続とは関係ありませんので、同棲相手のかたが行うこともできます。心配であれば、死後事務委任契約をしておけばよいでしょう。

当事務所では遺言書の作成などのサポートをいたしております。お困りの際はぜひお声掛けください。

当事務所ホームページ
http://www.ejcsa.com

弁護士の回答

ひだまり法律事務所
専門家ひだまり法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2013年3月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 弟さまの相続人となる可能性のあるのはあかさまのみであって、あかさまが相続放棄をすれば相続人が居ないということになります。相続財産管理人が選任され、財産を整理して残りは国庫に帰属します。
内縁の方がいらしても、相続人にはなりません。ですので、その方に全てを任せるおつもりでしたら、そのような遺言を弟さまに書いて頂くほかありません。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

内縁に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口